松下恭子

2017年6月20日

エッセンス社MDが辞職

グループエム(GroupM)傘下のデジタルメディアエージェンシー、「エッセンス(Essence)」の日本担当マネージングディレクターであった西谷大蔵氏が退社したことが分かった。

2016年7月08日

マーケターはより確実な透明性と専門性を求めている – Essence 松下恭子

松下恭子氏は、昨年11月にグループエム(GroupM)が買収したデジタルメディア・エージェンシー「Essence」の日本・アジア太平洋地域のマネージングディレクターだ。なぜ日本のマーケターが広告会社に新たな方向性を求めているのか、そして、なぜ新技術への理解を得るためには敵を作ることもやむなしと考えているのか、デイビッド・ブレッケンが聞いた。

2016年5月12日

Essenceに、新たな日本担当マネージングディレクターが就任

東京 – デジタルメディア・エージェンシーの「エッセンス(Essence)」社は、新設した日本担当マネージングディレクターに西谷大蔵氏を起用した。