David Blecken
2018年10月19日

「メイクが一歩踏み出す勇気に」 資生堂の動画

柳沢翔監督による最新動画は、ハロウィーンをテーマとした、型にはまらないラブストーリーだ。

何か新しいことに立ち向かう時に、メイクが背中を押してくれる――このようなメッセージの動画を、資生堂が公開した。同社「High School Girls?」を手掛けた柳沢翔監督による作品で、LGBTQのキャラクターを繊細に描いたものとなっている。

題材となっているのは、日本でも知名度が高まってきたハロウィーン。かぐや姫に扮した主人公は恋人(ドラキュラ)と共に、仮装した人たちで大盛り上がりのパーティーバスに乗り込む。だが、親友(サムライゾンビ)が自分に友情以上の感情を抱いていることにも、薄々気付いている。主人公が流した涙で、本当の気持ちを隠すような濃いメイクが変化(移行シーンは「High School Girls?」を連想させる)。このことをきっかけに主人公は、恋人でなく親友を選ぶのだ。

根底にあるテーマは「メイクの力」。「Make up your own story(あなた自身の物語を描くために)」というキャッチフレーズには、新しいメイクが一歩前へ踏み出す勇気に変わるというメッセージが込められている。

特設サイトには、登場人物や制作舞台裏、使用商品などが紹介されている。主人公に起用されたのは、ロシアと韓国にルーツを持つモデルのエレーナ・アン。親友役には、ヴォーグジャパン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を2016年に受賞したファッションモデル、福士リナを起用。彼女は資生堂「PLAYLIST」のイメージモデルも務める。恋人役を演じたのは、ダンサーや振付、モデルとして活躍中のえんどぅ。

Campaignの視点:
資生堂は近年、日本で最も革新的な広告主企業の一つであり、今回の作品も、同業他社とは一線を画すものであった。さまざまな賞を獲得した「High School Girls?」のように衝撃的な結末ではないものの、本作品は色彩豊かでストーリーも奥深い。前知識が無いまま動画を見ると全容が分からず、再度見ることとなるかもしれない。視覚的に魅了あふれる作品となっているだけでなく、日本のブランドが広告でLGBTQコミュニティーに直接語りかける希少な例といえる。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。