Ryoko Tasaki
2018年4月25日

多彩だからこそ強い NZラグビーチームが訴求

全ての色を混ぜると、黒になる――。デザインや印刷の現場では当たり前の基礎知識で、子どものころに習った人も多い「色の三原色」が、ダイバーシティーを象徴する。

保険大手のAIGジャパン・ホールディングスが、「オールブラックス」の愛称で親しまれるラグビーニュージーランド男子代表を起用したCMを、去年に引き続き公開した。今年のテーマは「ダイバーシティー(多様性)」で、オールブラックスに加え、同女子代表「ブラックファーンズ」も登場する。

性別・人種・体格などが多様な両チームのメンバーたちが、おなじみの黒一色のユニフォームをまとって試合会場に登場する。だが実はこのユニフォームは、布地を伸ばすと、ダイバーシティーを象徴する虹色へと変わる特別仕様。TBWA HAKUHODOの制作チームは「全ての色を混ぜると、黒になる」という色の三原色に着目し、虹色に染めた布のリブ表面部分にのみ黒色をプリントした新素材「UNITED BLACK FABRIC」を、CMのために開発した。企画はTBWA HAKUHODO、CM制作はAOI Pro.。

AIGは2012年10月より、ニュージーランドラグビー協会のグローバルスポンサーを務める。「DIVERSITY IS STRENGTH(多様性こそ強さ)」というチャリティーキャンペーンの特設サイトには、さまざまな差別と戦ってきた著名人たちのコメントを掲載。またユーザーは、ツイッターでフォローならびにリツイートすることでTシャツの抽選に参加できる。AIGは、リツイート件数に応じた金額をダイバーシティー支援団体に寄付する。

Campaignの視点:
オールブラックスとブラックファーンズは個性あふれる多様なメンバーを揃え、ワールドカップで男子は史上初の2連覇、女子も優勝5回と、その圧倒的な実力も広く知られており、「多様性こそ強さ」というメッセージに説得力を持たせている。100年以上前から親しまれてきた同チームのユニフォームの「黒」と、全ての色を混ぜると黒になるという「色の三原色」の、偶然の一致も興味深い。

CMの中で、ダイバーシティーの「敵」である差別は「手強い」相手であり、「一筋縄ではいかない」と認めている。だが、屈強な両チームの威厳に満ちた表情や、さまざまな差別と戦ってきた著名人たちの力強いメッセージからは、この社会的課題も打ち勝つことが可能なのだと勇気づけられる。シンプルなアイデアを、高い次元で昇華させた傑作。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

4 日前

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。

4 日前

APACのブランドセーフティ指標が大きく改善:ダブルベリファイ調査

ダブルベリファイの調査によれば、APACではモバイルアプリ広告の品質も向上している。また、アドフラウドが減少し、動画広告のビューアビリティが向上したことも確認された。ただし、ディスプレイ広告のビューアビリティはやや低下している。