David Blecken
2017年2月24日

空飛ぶ「雪丸」で町のブランディングに新境地

奈良県王寺町は、犬型ドローンで町の魅力を紹介する。

町おこしの定番といえばゆるキャラだが、その数の多さから区別しづらく、最近はブームも落ち着きを見せている。だが、王寺町の「雪丸」は別格だ。

ソフトバンクのお父さん犬に似た白い犬「雪丸」は、聖徳太子の愛犬だ。ドローンになった雪丸は動画の中で、達磨寺での座禅体験や火幡神社、恋人たちの悠久の鐘、明神山の絶景パノラマなど、王寺町の見所を空から紹介していく。

動画は、本物のドローンの実写である。しかし、地元のショッピングセンターでの写真撮影会に大きな着ぐるみで登場しなければならないというのが、ゆるキャラが背負う宿命なのだ。(写真は雪丸のFacebookページより)

Campaignの視点:
空飛ぶ仔犬の可愛さは、何ともあらがい難い。このプロモーションが、よくある田舎町といった風情の王寺町に人を呼び込むことができるのかは、今のところは未知数だ。しかし雪丸は、他の飛べないキャラクターたちの中で異彩を放ち、見る者の目を引き付ける。残念なのは、ユーチューブで動画へのコメントを受け付けていないことだ。オンライン動画の時代の波に乗ろうと考えているのであれば再検討するよう、作品に携わった方々にお勧めしたい。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。