David Blecken
2018年2月02日

オグルヴィ、日本のクリエイティブ責任者を任命

アジャブ・サムライ氏の後任にダグ・シフ氏が就任。リード・コリンズ氏が北アジア地域を統括することとなる。

ダグ・シフ氏
ダグ・シフ氏

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンでチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)を5年間務めたアジャブ・サムライ氏が、シンガポールへと移った。新しいポジションはASEAN(東南アジア諸国連合)を統括するCCOで、これは今回新設されたポジションだ。サムライ氏の後任は、かつてオグルヴィに在籍し、2008~2016年を中国で過ごしたダグ・シフ氏。直近はデジタルエージェンシー「デジタルLBi」のボストンオフィスで、エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターを務めた。

サムライ氏は昨年12月、Campaign主催「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」でクリエイティブ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞。WPPでボーダフォンのグローバル・クリエイティブ・ディレクターを務め、オグルヴィに移ってからはグループのクリエイティブの品質向上に尽力してきた。サムライ氏は日本に移ってから、組織の大改革を実施。当初は反発の声もあったが、外資系広告会社にとって困難ともいわれる日本市場で、オグルヴィの存在感が高まることに貢献した。同社も2017年に、クリエイティブエージェンシー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

また、このたび北アジアを統括するCCOのポジションも新設され、ここには香港でクリエイティブを率いてきたリード・コリンズ氏が就任する。中国でCCOを7年間務めたグラハム・フィンク氏が去ることに伴う異動で、コリンズ氏は香港、中国、韓国、台湾、日本を統括することとなる。

サムライ氏ならびにコリンズ氏は、アジア太平洋地域CCOユージン・チョン氏の直属となる。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年9月17日

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

2020年9月16日

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

2020年9月16日

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。