David Blecken
2018年2月02日

オグルヴィ、日本のクリエイティブ責任者を任命

アジャブ・サムライ氏の後任にダグ・シフ氏が就任。リード・コリンズ氏が北アジア地域を統括することとなる。

ダグ・シフ氏
ダグ・シフ氏

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンでチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)を5年間務めたアジャブ・サムライ氏が、シンガポールへと移った。新しいポジションはASEAN(東南アジア諸国連合)を統括するCCOで、これは今回新設されたポジションだ。サムライ氏の後任は、かつてオグルヴィに在籍し、2008~2016年を中国で過ごしたダグ・シフ氏。直近はデジタルエージェンシー「デジタルLBi」のボストンオフィスで、エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターを務めた。

サムライ氏は昨年12月、Campaign主催「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」でクリエイティブ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞。WPPでボーダフォンのグローバル・クリエイティブ・ディレクターを務め、オグルヴィに移ってからはグループのクリエイティブの品質向上に尽力してきた。サムライ氏は日本に移ってから、組織の大改革を実施。当初は反発の声もあったが、外資系広告会社にとって困難ともいわれる日本市場で、オグルヴィの存在感が高まることに貢献した。同社も2017年に、クリエイティブエージェンシー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

また、このたび北アジアを統括するCCOのポジションも新設され、ここには香港でクリエイティブを率いてきたリード・コリンズ氏が就任する。中国でCCOを7年間務めたグラハム・フィンク氏が去ることに伴う異動で、コリンズ氏は香港、中国、韓国、台湾、日本を統括することとなる。

サムライ氏ならびにコリンズ氏は、アジア太平洋地域CCOユージン・チョン氏の直属となる。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

次のCMOは、チーフ・ミュージック・オフィサー?

最高音楽責任者が経営に参画するケースが増えている。ブランドがサウンドの戦略的重要性に気づき、投資に乗り出すという、最近の広範なトレンドを象徴しているのだろうか?

3 日前

セマフォーが進めるデジタルニュースの「抜本改革」とは

グローバルニュースパブリッシャー、セマフォー(Semafor)でCEOを務めるジャスティン・スミス氏と、エグゼクティブエディターのジーナ・チュア氏が、報道の「再考」について語った。

3 日前

「パタゴニア株譲渡」は、究極のブランドパーパスか?

先週、米アウトドア用品大手パタゴニアの創業者イボン・シュイナード氏が、同社の全株式を環境団体などに寄付したことを明らかにした。この大胆な決断は、他企業にとって社会貢献の手本となるのか。コミュニケーションの専門家たちに聞いた。

3 日前

世界マーケティング短信:ショート動画の収益化、PRの気候変動への責任

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。