Diana Bradley
2024年2月14日

テイラー・スウィフトの最新アルバム発表に、十分に備えられていなかったブランド

発表を先取りしようとして、間違ったブランドもあった。

テイラー・スウィフトの最新アルバム発表に、十分に備えられていなかったブランド

* 自動翻訳した記事に、編集を加えています

テイラー・スウィフトの最新アルバムの発表に、準備はできていたのだろうか?

スウィフトのファンと同様、多くのブランドはそうではなかったようだ。スウィフトは2月4日の夜(現地時間)の第66回グラミー賞の授賞式で、再録版のアルバム『レピュテーション(テイラーズ・バージョン)』について発表するものだと思われていた

だが、アルバム『ミッドナイツ(Midnights)』で最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムを受賞したスピーチの中で、スウィフトは新作『ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント(The Tortured Poets Department)』を4月19日にリリースすると発表。また、ソーシャルメディアにも投稿した

発表を先取りしようとするブランドもあった。日曜日未明に同氏のX、インスタグラム、フェイスブックのプロフィール写真がモノクロに変わった。スウィフトの2017年のアルバム『レピュテーション』のジャケットがモノクロだったことから、ファン達はこれを最新アルバムの手がかりと考えたのだ。

その結果、一部のブランドは自社のロゴをモノクロに変更したり、新作発表についての予測を自信満々に掲載し、後になって誤りを認めることとなった。

サワーパッチ・キッズ(Sour Patch Kids、グミキャンディー)

ヒドゥン・バレー・ランチ(Hidden Valley Ranch、ドレッシング)

パパ・ジョンズ(Papa Johns、ピザ)

ドミノ(Domino's、ピザ)

一方、いくつかのブランドは新作アルバムの名前に即座に反応した。

オリーブ・ガーデン(Olive Garden、イタリアンレストラン)

メリアム・ウェブスター(Merriam-Webster、辞典)

ポッピー(Poppi、炭酸飲料)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Poppi (@drinkpoppi)

 

提供:
PR Week

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:アップル製品にChatGPT搭載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

「AIはクリエイティビティーを強化」 マーク・リードWPP CEO

AIの時代となりつつある現在。大手エージェンシートップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕を前に、WPPのマーク・リードCEOが綴る。

2024年6月12日

プライド月間のマーケティング施策、慎重姿勢が強まる

プライド月間が始まったが、企業の参加は減少すると予想される。

2024年6月12日

「消費者はモルモットになるべきではない」 性急なAI導入に広告業界が警鐘

グーグルが、AIの不正確性で再び苦境に立たされている。検索結果を要約するAI製品に広告が間もなく掲載されることから、デジタル広告会社の幹部はテクノロジー業界に開発競争のペースを落とすよう促す。