David Blecken
2017年5月24日

モメンタム ジャパン、フィジカルとデジタルを合わせた体験の創造へ

新チームはナディアと提携し、VR・AR・MR領域のソリューションを提供する。

モメンタム ジャパン、フィジカルとデジタルを合わせた体験の創造へ

マッキャン・ワールドグループ傘下のモメンタム ジャパンは、フィジカルとデジタルを合わせた「フィジタル」な体験を創造するチームを発足させた。VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)、リテイル(小売)の分野でのシェア獲得を目指す。

「フィジタル・エクスペリエンス・ラボ」は、デジタルコンテンツ制作会社「ナディア」と業務提携を締結した。マッキャンの発表によれば、ナディアはVR・AR・MRの「xR領域」で高い評価を受け、海外でも事業展開している。

五輪開催を2020年に控える日本は、モメンタムにとって重要な市場になるとマッキャンは予測。チームのアドバイザーには、モメンタム ワールドワイドのグローバル チーフ・テクノロジー・オフィサーであるジェーソン・アラン・スナイダー氏が就任する。

このチームが目指すのは、数多く存在する「リアリティー」テクノロジーを統合してイベントや小売マーケティング、コンテンツに活用していくこと、そして消費者に新たな体験を提供するツールやプロセスの開発だ。xRに対する関心は、マーケターと消費者の双方において高いものの、ブランドにとっては長い道のりだ。最近のIBMの調査でも、ブランドが提供する「最新のデジタル体験」に消費者の70%が不満を持っていることが明らかになっている。

Campaignでは新しいチームの活動について、スナイダー氏へのインタビュー記事で詳しく伝えていく予定。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:岡田藤郎 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:アマゾン、クラウドと広告が2桁増収

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

広告は誰のためのものか忘れていないか

アイデアに溢れ、深く考え抜かれ、そしてそれが正義を体現しているとき、広告はある種の公共サービスとなる。

3 日前

アドバンストTVでマーケターが成功するには

ATV(アドバンスドTV)がAPAC(アジア太平洋地域)で爆発的な成長を続けている。ATV広告を成功へと導きたければ、マーケターはその3つの特徴に注目すべきだろう。

3 日前

「韓流」、その大いなる経済効果

韓国のソフトパワーの勢いが止まらない。その効果は様々な国内産プロダクトにも波及。韓国政府が描いた戦略と、その軌跡を辿る。