David Blecken
2017年10月27日

世界マーケティング界短信:第3四半期最新情報とAIを巡る闘い

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースを5本まとめてお届けする。

人工知能の中心地になることを目指すサウジアラビア。市民権を与えたロボット「ソフィア」にも期待がかかる。
人工知能の中心地になることを目指すサウジアラビア。市民権を与えたロボット「ソフィア」にも期待がかかる。

1. アマゾンの広告ビジネス、10億米ドルを超える

アマゾンは第3四半期の決算報告で、広告ビジネスが対前年比で58%増、10億1200万ドル(約1154億円)になったと発表した。スポンサープロダクト広告がその大半を占める。ブライアン・オルサブスキー最高財務責任者(CFO)は、「広告ビジネスが成長していることを嬉しく思う。我々の目標は、顧客がショッピングの際により良い判断を下せるようになること」と語った。グーグルの親会社であるアルファベットは、第3四半期の広告の売上高が240億ドル(2兆7360億円)になったと発表した。

2.IAB、グーグルとフェイスブックに「宿題」

米国のインタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー(インタラクティブ広告協議会)はデジタルメディア企業に対し、「デジタル環境の秩序の維持に努めるべき」と提言した。これは昨年の大統領選挙にロシアが関与した疑惑を受け、政治的広告に関する情報を大々的に開示するよう求めた法案に代わる動き。グーグルとフェイスブックは透明性の向上に前向きに取り組むと応えたが、不適切なコンテンツや“フェイクニュース”の根絶に依然苦闘している。

3.第3四半期、最も「貪欲」だったのはWPP

第3四半期、メディア・マーケティング業界では58のM&A(合併・買収)が成立した。WPPは16件の買収を行い、デジタルコミュニケーショングループのネクスト15が4件、電通は3件。全体の3分の1はデジタル分野の企業で、広告関連は17%だった。また、データ分析企業は8%増となり、データ主導のビジネスに対する需要が高まっていることを示す。

4.カンヌ受賞作はブランドの方針に相反?

広告分析を専門とするエースメトリックス(ACE Metrix、本社は米カリフォルニア州マウンテンビュー)は、カンヌライオンズの審査員が「大衆の共感を呼ぶ作品を理解していない」という研究結果を発表した。広告業界人で構成された審査員たちは「意外性や奇抜さを重視し、ブランドのキャンペーンを成功に導く作品を必ずしも選ばない」というのだ。その一方、オーセンティックで分かりやすい作品は選考の際にマイナスの印象を与え、受賞に不利とも。賞の獲得はブランドではなく、広告代理店の利益ではないか −− そんな疑問を抱かせる報告だ。

5.世界初のロボット市民

人工知能(AI)研究のハブを目指すサウジアラビアは、“ソフィア”と名付けられたロボットに市民権を与えた。10月下旬に同国で開催された「フューチュア・インベストメント・イニシアティブ」のPRイベントで、香港のハンソンロボティックスが開発したソフィアは「市民権取得は名誉なこと。財力と権力を持ち合わせたスマートな人々に囲まれて幸せです」と語った。観測筋はいち早く、「彼女」が同国の一般市民よりも多くの権利を有していることに言及した。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

13 時間前

「40 Under 40 2020」:日本ブランドの若き才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で活躍する若手を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。先週は日本を拠点とする逸材をご紹介したが、今週は日本企業の下、他国で異才を発揮する4人を取り上げる。

4 日前

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020、結果発表

Campaign Asia-Pacificが主催するアワード「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020」の、日本/韓国地域における受賞企業ならびに受賞者が発表された。

4 日前

世界マーケティング短信:パンデミックがあぶり出す脆弱さ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

「40 Under 40 2020」:APACの明日を担う、若き日本の才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で目覚ましい活躍をした若手の逸材を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。今年は日本から2人が選ばれた。