Ryoko Tasaki
2021年9月03日

世界マーケティング短信:エアビーのアフガン難民支援、フォーブスの上場

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

Getty Images
Getty Images

※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。

エアビー、アフガニスタン難民2万人に滞在先を提供

混沌とするアフガニスタンからの難民を支援すべく、民泊大手エアビーアンドビーは2万人に一時的な滞在先を無料で提供すると発表した。共同創業者ブライアン・チェスキー氏がこのことを24日にツイートすると、16万件超の「いいね」が付き、リツイートは2万件を超えた(9月3日時点)。費用は同社、チェスキー氏からの寄付、そして非営利団体「Airbnb.org」が今年6月に立ち上げた難民基金によって賄われる。

同社は2012年のハリケーン・サンディーの被災者に対し、避難先を提供できないかという申し出があったことがきっかけで、緊急事態の発生時に滞在先を提供する取り組みを実施してきた。より多くの人々を支援するため、昨年12月にAirbnb.orgを立ち上げている。

フォーブス、SPAC合併で上場へ

フォーブス誌を発行するフォーブス・グローバル・メディア・ホールディングスは26日、特別買収目的会社(SPAC)マグナム・オパス・アクイジションと合併し、米ニューヨーク証券取引所への上場を予定していることを発表した。企業価値は6.3億米ドルと見積もられる。この合併により、デジタルトランスフォーメーションをさらに進め、テクノロジーとデータ駆動型の知見を活用し、有料コンテンツの収益性を高めていく計画だ。同様の動きとしてはバズフィードが今年6月に、SPACと合併して今年末までに上場すると発表している。

ベライゾンメディア・ジャパン、ブランド名を変更

ベライゾンメディア・ジャパンは1日より、事業ブランド名を「Boundless」に変更した。5月に米投資会社アポロ・グローバル・マネジメント社が買収し、日本国外ではブランド名が「ベライゾン・メディア」から「ヤフー」に変わっていた。

声明によると、「無限」や「国境を越える」といった意味の新しい事業ブランド名には「進化するテクノロジーとデジタル体験によって無限の可能性を広げ、ビジネス領域や国境を越えたグローバルレベルのソリューションを提供する」という意味が込められているという。

1本のCMでは、言いたいことを全て伝えきれない

CMの短い尺では、商品の魅力を伝えきれない――。そんな悩みを、ユニークな方法で解決したのが米サブウェイだ。「一つのCMに収まらないほど新しいことがたくさんある」と嘆くうちに、他社のCM(家具店、法律事務所、自動車ディーラー)に切り替わってしまう。だがその他社CMの中で「時間が足りなかったようなので」と説明を続けてもらうという仕組みだ。同社は7月に、メニューやアプリを大々的に変更し、年末までの予定でキャンペーンを展開中だ。制作は電通マクギャリーボウエンとカラ。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:リアルな情報で実像を描き出す

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

日本のトップブランド:上位陣、コロナ禍でも安泰

【アジアのトップ1000ブランド】日本ではトヨタが4年連続で首位の座を堅持し、トップ5は昨年と変わらず。一方、楽天や三菱、日産が大きく順位を上げた。

3 日前

広告における多様性はなぜ間違ったままなのか

広告キャンペーンで描かれる多様性は表面的で、その多くにはまだオーセンティシティー(真正性)が含まれていない。

3 日前

アプリに対する要求レベルの急上昇にどう対処すべきか

ここ1年半、消費者は、生活上のあらゆるニーズを満たすためアプリに殺到し、ユーザビリティの悪いデザインや動作には厳しい目を向けるようになってきた。アップダイナミクスのリージョナルCTOが、ユーザーにアプリを削除されないためのヒントを紹介する。