Jessica Heygate
2024年5月08日

巨大IT企業、AIコストを増大

アルファベット、アマゾン、メタ、マイクロソフト……大手IT企業が相次いで設備投資を増やしている。注力するのは、AIの性能を高めるコンピューティングリソースだ。

Photo: Getty Images
Photo: Getty Images

* 自動翻訳した記事に、編集を加えています。

アマゾン、メタ、マイクロソフト、そしてグーグルの親会社アルファベットが設備投資額を急増させている。要因は、人工知能への注力だ。

メタは「AIロードマップを強化するため」(スーザン・リCFO)、今年予想される設備投資額を300〜370億ドルから350〜400億ドルに引き上げた。「2025年も設備投資額は増えるだろう」と同社。

「生成AIのトレーニングを強化して予測能力を高めるには、より高度な計算をこなすレコメンデーションモデルとスケールキャパシティーが必要。そのためにはインフラ投資が欠かせません」とリ氏。

同社の第1四半期の設備投資額は67億2000万ドルで、前年同期の70億9000万ドルからは減少した。

一方、アルファベットとマイクロソフトは第1四半期の支出が大幅に増加。年間を通して高水準が続くとみられる。

アルファベットの設備投資額は前年同期比91%増で、120億ドルに急増。ルース・ポラットCFOは「サーバーやデータセンターなど、技術インフラへの投資が大半を占める」とコメント。「年間を通じ、四半期ごとの設備投資額はほぼこの水準か、それ以上になる。投資家もそのように予想できるでしょう」

マイクロソフトの設備投資額は、前年同期比79%増の140億ドル。エイミー・フッドCFOは「AIインフラの拡張など、クラウド需要の対応が増額の要因」と述べる。ある投資家は、「マイクロソフトは今年の設備投資額を500億ドル超に引き上げるだろう。2023年の50%増になる」と指摘する。

両社とも、第1四半期の支出増は売上増を上回った。アルファベットの売上高は15%増の805億ドル、マイクロソフトは17%増の619億ドルだった。

一方、メタの第1四半期の売上高は前年同期比27%増の365億ドルと過去最高を記録。

力強い成長にもかかわらず、メタの株価は時間外取引で15%急落。それに対し、アルファベットの株価は約10%、マイクロソフトは約5%上昇した。

「マディソン・アンド・ウォール」のブライアン・ウィーザー代表は、「メタへの否定的な反応は、アナリストが今年下半期の成長に『非現実的な期待』をしているため」と述べる。

「各社は力強い実績を残しており、業界全体の好調さを物語っています」(同氏)

一方、アマゾンは今年の設備投資額を2023年の484億ドルから「大幅に増加させる予定」(ブライアン・オルサフスキーCFO)。同社は直近の四半期で固定資産に149億ドルを投資、前年同期比5%増だった。オルサフスキー氏は、「他の四半期と比較すれば低い数字だ」という。

市場調査会社eマーケターのテクノロジー・アナリスト、ジェイコブ・ボーン氏は、「AIインフラ拡大に伴う膨大なコストを回収するため、テック企業が広告やプラットフォーム、AI関連サービスの料金を引き上げる可能性がある」という。

「特にグーグルとメタは、広告収入に大きく依存しています。AI支出を相殺するため、広告料金を引き上げる可能性は高い」と同氏。

「AIは広告バイイングの効率も高めており、広告代理店の経費削減にもつながるでしょう」(同氏)

「ガートナー・マーケティング・プラクティス」のヴァイスプレジデント、アンドリュー・フランク氏も、「広告料金と予算は上昇しているが、AIによってクローズドプラットフォームウォールの中の効率化も進んでいる。企業がメディアにより多くの支出をしても、全体的な顧客獲得コストは低下する可能性がある」と述べる。

AIの軍拡競争

4月末、アナリストたちはアルファベットやメタ、マイクロソフトの幹部に対し、なぜこれほどAIに高額の投資をするのか説明を求めた。だが、彼らからは「この分野の牽引者になる」という以外、具体的な回答は得られなかった。

メタのマーク・ザッカーバーグCEOは、投資家から投資見通しを変えた理由を尋ねられ、「AIに関してより楽観的で野心的になった」とコメント。「我々は必ず、世界をリードするAI企業になれる」とも。

マイクロソフトのサティア・ナデラCEOも、「テクノロジーにおける大きな世代交代の中で、パラダイムシフトのリーダーになりたい 」と発言。アルファベットのサンダー・ピチャイCEOは、「我が社は2016年以来、AIファーストの企業」と述べた。

以前、グループエムでビジネスインテリジェンス(BI)の責任者だったウィーザー氏は、「各社は決算説明会でもっと透明性を高めるべきだ」という。

アマゾンのアンディ・ジャッシーCEO兼社長は、AIがアマゾンウェブサービス(AWS)にもたらす「とてつもない可能性」について語る。「AWSを使ってモデルのトレーニングだけでなく、予測やデータ管理の質を高めている企業はかなり多い」

生成AIへの投資は「すでに数十億ドルのランレートに達しており、AWSが第1四半期に17.2%の成長率(250億ドル)を達成した要因になっている」。アマゾン全体の売上高は13%増の1433億ドルで、予想を上回った。

AIの稼働には膨大なコンピューティングリソースが必要だ。プリンストン大学で電気・コンピュータ工学を教えるナヴィーン・ヴァーマ教授によると、「AIモデルが必要とするコンピューティングパワーは、2012年から2022年にかけて約100万%増加した」という。

市場調査会社デローログループは、AIインフラへの支出が「2027年までにデータセンターへの設備投資額を5000億ドル超にする」と予測。

アルファベットやメタ、マイクロソフトのAI投資拡大のニュースは、エヌビディア、AMD、ブロードコム、マーベル・テクノロジーといったAIチップ企業の株価を押し上げた。

エヌビディアのジェンスン・フアンCEOは、「データセンターへの支出は今後4〜5年で、2倍の2兆ドルになる」と予測している。

提供:
Campaign US

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

パワーリスト2024:濱松幹昌(日産自動車)

日産自動車の革新的な精神を、戦略的なキャンペーンやパートナーシップを通じて打ち出してきた濱松幹昌氏は、ブランドの存在感を世界的に高めている。

1 日前

パワーリスト2024:河野奈保(楽天)

楽天のビジネスを躍進させ、ブランド認知度を大きく高めた河野氏。昨年はエコシステムへのAIの統合にも尽力した。

1 日前

パワーリスト2024:岡本達也(味の素)

岡本達也氏はイノベーションと戦略を融合させ、味の素らしい価値提供やインパクトの向上をグローバルで強化している。

2024年5月17日

パワーリスト2024:「APACベストマーケター50」に選ばれた日本人

Campaign Asia-Pacificが毎年、アジア太平洋地域(APAC)の傑出したマーケターを選ぶ「パワーリスト(Power List)」。今年は日本から5名が選出された。