Staff Reporters
2020年1月31日

電通のティム・アンドレー氏、療養へ

電通イージス・ネットワークを牽引してきたティム・アンドレー氏が、健康上の理由で休職。山本敏博氏が代理を務める。

ティム・アンドレー氏
ティム・アンドレー氏

電通グループによると、ティム・アンドレー氏(電通グループ副社長執行役員、電通イージス・ネットワーク取締役会議長 兼 CEO)が、健康上の理由で休職する。

その間、山本敏博氏(電通グループ代表取締役社長執行役員)が、電通イージス・ネットワークの取締役会議長ならびにCEOを務める。

また、ヴァレリー・スクーラー氏(電通グループ エグゼクティブ・シニア・アドバイザー)、ニック・プライデイ氏(電通イージス・ネットワークCFO、電通グループ執行役員)、日比野貴樹氏(電通グループ執行役員)の3名が、山本氏をサポートする。

「私はティム(アンドレー氏)と長年にわたって、一緒に仕事をしてきました」と山本氏はリリース内でコメント。「彼は忠実で、熱心であり、電通ファミリーを長期にわたって牽引してきた、信任が厚いリーダーです。電通の取締役会を全面的に、かつ継続的にサポートしてきました。健康の問題は最も重要であり、全快に必要な時間をとるよう勧めました。一日も早い全快を祈っています」

アンドレー氏は現在59歳。英イージス・グループの買収(約50億米ドル)をまとめ、2013年、電通初の外国人取締役に就任した。米プロバスケットボール選手として活躍の後、トヨタ自動車、キヤノン、BASFなどを経て2006年より電通に参画。2019年1月に、電通イージス・ネットワークのCEOに就任した。210cmと身長が高く、「温和な巨人」と呼ばれることもあったという。

(翻訳・編集:田崎亮子)

関連する記事

併せて読みたい

7 時間前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

2 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。