Staff
2022年10月14日

2022年「40 Under 40」、エントリー始まる

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング、広告、メディア業界から傑出した若き才能を選ぶ「40 Under 40」。今年で10回目となる2022年度のエントリーが始まった。

2022年「40 Under 40」、エントリー始まる

【お知らせ】
以前ご案内しておりました「40 Under 40」のエントリー期間を、10月27日まで延長します。エントリーの詳細はこちらのサイトまで。奮ってご応募ください!

Campaign Asia-Pacificが主催する「40 Under 40」のエントリーが今年も始まりました。

40 Under 40は2013年から毎年、APACのマーケティング、メディア、コミュニケーション業界で活躍する新進気鋭の才能を選出する企画です。これまでに選ばれた若きリーダーたちは、その後各分野でめざましい活躍を遂げています。詳しくは文末のリンクからご参照ください。

求められる人材

直近1年間で輝かしい実績を残し、業界の発展に寄与、周囲にも大きなインスピレーションを与える −− このような方、あるいはこのような人材をご存知の方はぜひご応募ください(自薦・他薦を問いません)。推薦者の社内、及びリージョナル・エージェンシーネットワーク内から2名まで推薦可能です。

選考プロセス

文末にあるオンラインフォーム(英語)へのリンクからエントリーをお願い致します。締切日は10月27日(木)の23時59分(シンガポール・香港時間、日本時間24時59分)です。

エントリー費はお1人様あたり488米ドルです。この費用にはCampaign Asia-Pacificの会員費・購読料(1年分)も含まれます。会員登録は推薦者か候補者をお選びいただけます。詳細はこちら(英語)のサイトをご覧いただくか、電子メール([email protected])にてお問い合わせください。

エントリー内容はCampaign Asia-Pacific編集チームが精査し、40名を選出します。厳正な審査を経て選ばれた方々には詳細なプロフィールをご提出いただきます。紹介記事はCampaign Asia-Pacificで11月中旬より随時掲載される予定です。

注意事項

候補者は以下の条件を満たしている必要があります。

●APACを拠点にしていること

●広告及びマーケティング関連業界で勤務していること。ブランド、エージェンシー、メディア、テクノロジー、スタートアップ、イベント企業なども含みますが、マーケティング、広告、コミュニケーション関連業務に就いている方が対象となります

●2022年9月30日時点で39歳以下の方。誕生日が1982年10月1日以降の方が対象となります

●社内から2名まで推薦可能。複数の市場で事業展開するブランド及びエージェンシーは、各市場2名まで

過去にCampaign Asia-Pacific主催の「Women to Watch」や「アジア太平洋パワーリスト」などに選出された方もエントリー可能ですが、直近1年以内に選出された方は2023年までお待ちいただきますようお願い致します。ただし来年のエントリーでは年齢要件を満たさなくなる場合、今年度中に選考を行います。

エントリーに必要なもの

エントリー(英語で記入)には以下が必要になります。

●推薦者と候補者の基本的情報

●候補者に関する4つの質問への回答

●候補者と同じ会社で働く方、クライアントからの推薦文(任意)

●候補者の直近の写真(72dpiで1200×800ピクセル以上)

●エントリー費(お1人様あたり488米ドル)をお支払いいただくクレジットカード情報

●Campaign Asia-Pacificの会員登録をされる方の連絡先及び送付先

エントリーフォームは入力途中で保存することができません。記入内容をあらかじめご用意いただき、フォームにコピー&ペーストされることをお勧めします。

エントリーフォームのテンプレートこちらから(nomination template)ダウンロードいただけます(ワードフォーマット)。

フォーム入力が完了しましたら、Campaign Asia-Pacificの会員登録について担当者よりご連絡致します。

高評価につながるエントリー

●候補者が会社にとって必要不可欠の人材であることが明確に示されている。また、社内外で大きな存在感を発揮したことがわかる。以上は、業績や指標を示していただくことが重要になります

●求められる以上の役割・責任を果たし、業界の発展に寄与する人材であることがわかる

●周囲にインスピレーションを与え、「一緒に働きたい」と思わせる人材である

●さまざまなキャリアにおける仕事仲間や第三者からの推薦コメントも考慮

●こうした情報が具体的な実績とともに、読みやすい文章でまとめられている

機密情報

機密情報に関しては、[角カッコ]で囲んでご記入ください。ただしお送りいただく情報をもとに選考するため、最小限に留めていただきますようお願い致します。

エントリーフォームはこちらから

ご不明な点がございましたら、[email protected]までお問い合わせください。

これまでの「40 Under 40

2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013

(文:Campaign Asia-Pacific編集部 翻訳・編集:水野龍哉)

タグ

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:デジタル広告市場の寡占状態は変わるか

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

2023年、広告業界はネットゼロに取り組まなければならない

すべての企業がサステナビリティ施策のToDoリストに載せるべきことが5つあると、アド・ネットゼロの議長は語る。

4 日前

高級ブランドにとって、値下げは成長の甘い罠

テスラによる、最近の値下げの動きは賢明とはいえない。こうした短期的な利益には代償がつきものだからだ。そして、大抵の場合、その代償はブランドが支払うことになる。

4 日前

2023年、消費者に選ばれるブランドとは

今年、消費者にアピールできるのはどのようなブランドか −− ペプシコ・ヨーロッパのCMO(チーフマーケティングオフィサー)が3つのポイントを語る。