David Blecken
2016年10月03日

UltraSuperNewのシンガポールオフィス開設パーティー

ウルトラスーパーニュー(USN)は9月21日、シンガポールのアラブストリートにオフィスを開設した。

USNは原宿(東京都)を拠点とする独立系クリエイティブエージェンシーで、シンガポールへの進出を5月に発表。国外初となる拠点が開設されたのは、店舗と住居が一体になった「ショップハウス」と呼ばれる建物の中だ。原宿オフィスと同様、新進気鋭のアーティストの作品の展示スペースが設けられ、現在は現地のイラストレーター「Tell Your Children」の作品が展示されている。

オープニングパーティーは「シンガポールと原宿の出合い」がテーマで、ギリシャのストリートフォトグラファー、パナギオティス・コツィーダス氏が撮影した。

(編集:田崎亮子)
 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:日本の総広告費が過去最高を更新

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

「ハイリスク・ハイリターン」のWhatsApp

パーソナライズ化が重視される時代、マーケターは世界で最も人気が高いコミュニケーションチャネルの1つを見逃していないだろうか。

2024年2月27日

スポティファイ、社内に音楽コンサルティング事業「Aux」を設立

オークスは、キャンペーンでの音楽の使い方やアーティストとのペアリングについて、ブランドを支援していく。

2024年2月27日

クリエイターがDOOHを選ぶ理由は「ストーリーテリング」と「測定可能性」

3Dサイネージからラスベガスの「スフィア」まで、デジタルOOHの進化に伴い、ブランドは消費者の関心を引こうと新たなチャンスを見出している。