David Blecken
2016年11月17日

スポティファイ、初のブランディングテーマは「発見の喜び」

音楽ストリーミングサービスの「スポティファイ(Spotify)」は、日本向けサービスの本格的開始に合わせたキャンペーンとしてコメディータッチの動画シリーズを公開した。テーマは、新しい音楽との出会い。音楽が人々の日常生活に彩りを添える様を愉快に描く。

9月末に日本向けサービスを開始したスポティファイが、初のブランディングキャンペーンを立ち上げた。サービス開始当初は利用時に招待コードを必要としたが、その制限を外して一般利用に移行する。

ワイデン・アンド・ケネディ東京が手がけた動画シリーズ「キミの新しい音楽」は、音楽が人々の生活に活力を与える様をユーモラスに表現する。そのコアメッセージは、馴染みのないジャンルの音楽との出会いがいかに触発的で、世界観までも変え得るということ。「キミの新しい音楽に出会おう」というキャッチフレーズで、視聴者を誘い込む。

5つの動画には、ヒップホップやメタル、パンクロック、テクノ、R&Bに感化された人々が登場。ネギを刻んだり、満員電車で通勤したりという日常のありふれた光景が音楽によって一変してしまう。スポティファイは、ツイッター上でも「#絵文字で音楽発見」キャンペーンを展開。これはユーザーがその時の気分を表す3つの絵文字を入力しツイートすると、同社がお勧めの曲を返すという仕組みだ。

スポティファイは各音楽レーベルと5年に及ぶ交渉の末、日本でのサービスを開始した。電通は同社が日本のデジタルオーディオ広告のパイオニアになることを期待しており、両社は提携関係にある。業界関係者の多くはスポティファイの今後を楽観視するが、一部には「日本のアーティストの楽曲をどれだけ揃えられるかがカギ」と懸念する声もある。

Campaignの視点:動画はそれぞれ愉快で単純、かつインパクトに溢れる。日本市場では比較的ブランド認知度が低いスポティファイにとって、まさに必要とする要素を織り込んだと言える。日本のアーティストの曲を取り上げている点も賢明だ。各登場人物では、東京の通勤ラッシュの狂気をデスメタルで発散するサラリーマンが一押し。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:鎌田文子 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020、結果発表

Campaign Asia-Pacificが主催するアワード「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020」の、日本/韓国地域における受賞企業ならびに受賞者が発表された。

4 日前

世界マーケティング短信:パンデミックがあぶり出す脆弱さ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

「40 Under 40 2020」:APACの明日を担う、若き日本の才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で目覚ましい活躍をした若手の逸材を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。今年は日本から2人が選ばれた。

4 日前

メールマーケティングを成功に導く8つのTips

メールは、最も強力なコミュニケーション手段の一つであることに変わりはない。顧客にメール送信を許可してもらえるのはきわめて得難い特権だ。ブランド構築やデジタルマーケティングを手がけるArchetypeのシニアデジタルコンサルタントが、その特権を有効活用するためのTipsを8つ紹介する。大切なのは、信頼を裏切らないことだ。