Campaign Asia-Pacific
2017年9月15日

マーケティングは、生活の質を向上させるサービスの領域へ

データ分析を起点としたマーケティングは、消費者が思い描くよりもさらに魅力的な暮らしを実現してくれる――。アリババグループでチーフ・マーケティング・オフィサーを務める董本洪(Chris Tung)氏が語る。

パートナーコンテンツ
(聞き手はCampaignのアティファ・シルク。動画は英語のみで、カンヌにて撮影)

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信: クリエイティビティに寄せられる、難局打開への期待

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

電通・アンドレー氏、段階的に復帰

休職していた電通グループのティム・アンドレー氏が、まず取締役として職務に復帰した。

3 日前

新型コロナ 各国で政府に不信感

マッキャン・ワールドグループが実施した世界的規模の調査から、7割の人々が自国政府の対応に不満を抱いていることが分かった。

3 日前

エージェンシー・レポートカード2019

主要エージェンシーのアジア太平洋地域における活動を毎年総合的に評価する、Campaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード(ARC)」。ビジネス成長やイノベーション、クリエイティブなどの観点から、2019年度は各社にどのような評価が下されたのか。