David Blecken
2017年10月17日

SNS誕生以前の、コンテンツマーケティング

良質のブランドコンテンツは、時代を経ても色褪せない。人気ブランド「シュプリーム」が20年以上前に制作したビデオの価値を、改めて吟味する。

ストリートウェアブランド「シュプリーム(Supreme)」が株式の半分を投資ファンドのカーライル・グループに売却していたことが明らかになり、先週、その市場価値は10億米ドル(約1120億円)に達するという評価が出た。

1994年にニューヨークのアンダーグラウンドで誕生、以来絶大な波及力と若者文化への影響力を発揮してきた同ブランド。今や社会の様々な層で認知されているにもかかわらず、依然そのカリスマ性は強烈だ。独自性と控えめなアピール、そして口コミの価値 −− これらを常に十二分に理解してきたブランドと言えるだろう。もちろん、日本はその重要市場の1つだ。

大きな魅力となった個性を保ちつつ、より身近なブランドとして進化を遂げようとするシュプリームの初期のビデオ作品は、今改めて見直す意義がある。「ラブ・シュプリーム(A Love Supreme)」は映画監督のトム・キャンベルが1995年にニューヨークで制作。スケートボードをテーマに、ジョン・コルトレーンの最高作とも言われる同名曲がバックに使用されている。

このショートフィルムは誰もが気に入るような作風ではないだろうし、そうした意図もない。だがターゲットオーディエンスにとっては、制作された当時 −− 現在、我々がコンテンツマーケティングを拡散する手段として信頼をおくフェイスブックや他のプラットフォームが登場する10年以上前 −− と変わらぬ新鮮さを放つに違いない。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

広告は物を売ることもできるが、世界を救うこともできる

スターコム(Starcom)でアカウントディレクターを務めるワンジュ・リー氏は、広告業界が「物を売ること」と「社会貢献活動」を両立できると考える理由を説明する。

4 日前

ガイ・カワサキからマーケターへ「パンデミックを生き抜くための10のポイント」

ブランドエバンジェリストのガイ・カワサキ氏が、持続性の向上から低調な事業・製品の廃止まで、ブランドが長引くパンデミックを生き抜くための助言を授ける。

4 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、今年もオンラインのみ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

エージェンシー社員のメンタルヘルスを守れ

英コンサルティング会社の調査で、ピッチ(競合の企画提案)による重圧がエージェンシー社員を苦しめていることがわかった。