David Blecken
2018年4月18日

ダウ・ジョーンズのバイスプレジデントが辞職

10年以上勤務し、1年前にアジア太平洋担当バイスプレジデントに就任。突然の辞職劇に謎が深まる。

マーク・ロジャーズ氏
マーク・ロジャーズ氏

ダウ・ジョーンズでアジア太平洋担当バイスプレジデントを務めたマーク・ロジャーズ氏が、同社を去ったとみられている。

香港を拠点とするロジャーズ氏は、同社で10年以上勤務し、2007年にインターナショナル・デジタル・マネージャーに就任。アジア担当バイスプレジデントに就任したのは2017年4月、わずか1年前のことだった。

ロジャーズ氏が去った理由は不明。同氏は都内で3月22日、「CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)が果たすべき役割」がテーマのパネルディスカッションを主催し、その後すぐに退職したようだ。

ロジャーズ氏本人からのコメントを得ることはできなかった。ダウ・ジョーンズ香港支局のスポークスパーソン、トビー・ドーマン氏は、この件でコメントすることはないとのこと。

先月末には、同社プレジデント兼チーフ・カスタマー・オフィサーを務めたケイティ・バネック‐スミス氏も辞任したばかりだ。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

17 時間前

現代メディアの謎:メディア細分化時代にマスへリーチする意義とは

マスリーチの実現は、以前より困難になったものの誤った考えではない。これを適切に遂行するために、より高度な戦略と優秀なストラテジストが必要になった。

17 時間前

「グローバル・アライアンス・フォー・レスポンシブル・メディア」、プラットフォームにおける「有害コンテンツ...

この発表は、このアライアンスが大手ブランド主導のもとにソーシャルメディア上の誤情報やヘイトスピーチへの取り組みにおいて最初の重要な一歩を踏み出したことを示している。

17 時間前

キネッソジャパン新社長に、野澤ニコラス氏

インターパブリック・グループ(IPG)のメディア・マーケティング・テクノロジーユニット「キネッソ(Kinesso)」社の新たな代表取締役社長に、野澤ニコラス氏が就任した。

21 時間前

Haymarket Media Asia とCyber Communicationsコンテンツパートナシ...

本契約により、HaymarketとCCIは、Campaignブランドの世界的なポジショニングやプラットフォーム、コンテンツ等を通して、日本の広告業界およびマーケティングコミュニティに貢献していきます。