David Blecken
2018年4月18日

ダウ・ジョーンズのバイスプレジデントが辞職

10年以上勤務し、1年前にアジア太平洋担当バイスプレジデントに就任。突然の辞職劇に謎が深まる。

マーク・ロジャーズ氏
マーク・ロジャーズ氏

ダウ・ジョーンズでアジア太平洋担当バイスプレジデントを務めたマーク・ロジャーズ氏が、同社を去ったとみられている。

香港を拠点とするロジャーズ氏は、同社で10年以上勤務し、2007年にインターナショナル・デジタル・マネージャーに就任。アジア担当バイスプレジデントに就任したのは2017年4月、わずか1年前のことだった。

ロジャーズ氏が去った理由は不明。同氏は都内で3月22日、「CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)が果たすべき役割」がテーマのパネルディスカッションを主催し、その後すぐに退職したようだ。

ロジャーズ氏本人からのコメントを得ることはできなかった。ダウ・ジョーンズ香港支局のスポークスパーソン、トビー・ドーマン氏は、この件でコメントすることはないとのこと。

先月末には、同社プレジデント兼チーフ・カスタマー・オフィサーを務めたケイティ・バネック‐スミス氏も辞任したばかりだ。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

Premium
エージェンシー・レポートカード2018: ADK
Premium
1 日前

エージェンシー・レポートカード2018: ADK

組織再編に力を入れるADKは、数々のすぐれたクリエイティブを制作。従来型の収益モデルからの脱却を目指すイニシアチブも発揮してきた。

Premium
世界マーケティング短信:ソレル卿の回帰案
Premium
1 日前

世界マーケティング短信:ソレル卿の回帰案

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをまとめてお送りする。

Premium
セレブリティー、ブランド、麻薬
Premium
1 日前

セレブリティー、ブランド、麻薬

ピエール瀧容疑者逮捕の事件で、ブランドは改めて倫理観を問われている。

Premium
JAL、グローバルマーケティング部を新設
Premium
4 日前

JAL、グローバルマーケティング部を新設

2020東京五輪を見据え、日本航空がグローバルマーケティングを強化する。