David Blecken
2018年4月18日

ダウ・ジョーンズのバイスプレジデントが辞職

10年以上勤務し、1年前にアジア太平洋担当バイスプレジデントに就任。突然の辞職劇に謎が深まる。

マーク・ロジャーズ氏
マーク・ロジャーズ氏

ダウ・ジョーンズでアジア太平洋担当バイスプレジデントを務めたマーク・ロジャーズ氏が、同社を去ったとみられている。

香港を拠点とするロジャーズ氏は、同社で10年以上勤務し、2007年にインターナショナル・デジタル・マネージャーに就任。アジア担当バイスプレジデントに就任したのは2017年4月、わずか1年前のことだった。

ロジャーズ氏が去った理由は不明。同氏は都内で3月22日、「CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)が果たすべき役割」がテーマのパネルディスカッションを主催し、その後すぐに退職したようだ。

ロジャーズ氏本人からのコメントを得ることはできなかった。ダウ・ジョーンズ香港支局のスポークスパーソン、トビー・ドーマン氏は、この件でコメントすることはないとのこと。

先月末には、同社プレジデント兼チーフ・カスタマー・オフィサーを務めたケイティ・バネック‐スミス氏も辞任したばかりだ。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

Premium
世界マーケティング短信:WPP内で新たな不正調査と解雇
Premium
2018年7月12日

世界マーケティング短信:WPP内で新たな不正調査と解雇

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

Premium
20年を迎えたW+K TOKYO クリエイティブの新たな雇用形態を模索
Premium
2018年7月12日

20年を迎えたW+K TOKYO クリエイティブの新たな雇用形態を模索

ワイデンアンドケネディ(W+K)の東京オフィスが20年目を迎えた。新世紀を目前にしてジョン・ジェイ氏(現在はファーストリテイリングのグローバルクリエイティブ統括)が立ち上げた同社は、どう変わり、何を学んできたのか。現在の中核を担う3氏にインタビューした。

Premium
ダム愛に満ちた、焼そば特設サイト
Premium
2018年7月11日

ダム愛に満ちた、焼そば特設サイト

今度はカップ焼そばが、ダムマニアと異色のコラボレート。

Premium
ビーコンの小山氏、フェイスブックへ
Premium
2018年7月11日

ビーコンの小山氏、フェイスブックへ

着任は10月1日を予定している。