David Blecken
2016年12月07日

ユニクロ、女性初のグローバルブランドアンバサダーを任命

ユニクロは、日本人最年少でエベレスト登頂に成功した現役女子大生、南谷真鈴氏と商品開発やCSR活動にも取り組んでいく。

南谷真鈴氏
南谷真鈴氏

ユニクロは、登山家で現役女子大学生の南谷真鈴さんを「グローバルブランドアンバサダー」として起用した。ファストファッション界大手である同社は、服の提供などを通じてチャレンジを応援するほか、商品開発やCSR活動なども共に行っていくという。

南谷氏は早稲田大学に在籍する現役大学生で、今年5月には日本人最年少(2016年12月7日現在)の19歳でエベレスト登頂に成功した。ユニクロのプレスリリースによると、南谷氏は以前から、同ブランドの衣類の高い機能性を評価し、エベレスト登頂時やトレーニングの際などに愛用してきた「ユニクラー」だったという。父親の転勤で幼いころはマレーシア、上海、香港で生活し、これまでに七大陸最高峰(デナリ、キリマンジャロ、エルブルス、アコンカグア、ヴィンソン・マシフ、コジオスコ)に登頂してきた実績を持つ。

ユニクロの代表取締役会長兼社長、柳井正氏はリリース内で「常に高いチャレンジ精神を持ち、常識にとらわれない挑戦をし続ける南谷さんは、まさにユニクロが目指す姿」とコメント。同社は「LifeWear(ライフウェア)を提供するブランドとして、8月にグローバルキャンペーンを開始したばかりだ。

同社はアジア展開で成功を収めているが、認知度と理解度が低い北米では苦戦が続いている。2006年にニューヨークに出店し、今年9月にはカナダにも進出した。

Campaignの視点:さまざまなブランドのアンバサダーが金銭的な見返りを主眼に置いて就任するケースが多い中で、これまでもユニクロの衣服を愛用してきたという南谷氏の起用は、非常に納得のいくものだ。また南谷氏は、誰もが驚くような偉業を成し遂げていながら、一般の消費者にとって身近に感じられる存在でもある。

アメリカの消費者はこれまで、ユニクロの衣服を「シンプルさ」において評価してきており、機能性についてはあまり注目されてこなかった。過酷な環境下でも快適に過ごすことができる高い機能性は、同社が訴求したいと願ってきたことだろう。南谷氏が実際に着用して登頂を成功させたという点は、それをアピールするために絶好のチャンスといえる。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳、編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

広告は物を売ることもできるが、世界を救うこともできる

スターコム(Starcom)でアカウントディレクターを務めるワンジュ・リー氏は、広告業界が「物を売ること」と「社会貢献活動」を両立できると考える理由を説明する。

3 日前

ガイ・カワサキからマーケターへ「パンデミックを生き抜くための10のポイント」

ブランドエバンジェリストのガイ・カワサキ氏が、持続性の向上から低調な事業・製品の廃止まで、ブランドが長引くパンデミックを生き抜くための助言を授ける。

4 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、今年もオンラインのみ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

エージェンシー社員のメンタルヘルスを守れ

英コンサルティング会社の調査で、ピッチ(競合の企画提案)による重圧がエージェンシー社員を苦しめていることがわかった。