David Blecken
2017年11月09日

他エージェンシーも買収のターゲットに? ADK買収劇が示唆するもの

ベインキャピタルは、ADKのTOB成立に自信を見せる。

ベインキャピタルのマネージングディレクター、デイビッド・グロスロー氏
ベインキャピタルのマネージングディレクター、デイビッド・グロスロー氏

ベインキャピタルは今週、アサツーディ・ケイに対して実施している株式公開買付け(TOB)の期間を11月21日まで延長すると発表した。当初の期限は11月15日だったが、ADKによる提携解消の動きは契約違反だとして、WPPが法的手続をとっていた

ベインのマネージングディレクター、デイビッド・グロスロー氏は11月7日発表の声明の中で、公開買付価格は1株あたり3660円から変更する考えは無いことを表明。また、「別の公開買付が今後発生する可能性は低いと考えます」とも述べている。

「広告業界はグローバルに大きく変化しており、伝統的なビジネスモデルは危機に直面しています」とグラスロー氏。競争力を保つためには迅速な行動が重要であり、「非上場化はADKがこの変動する環境の中でポテンシャルを発揮するための唯一の現実的な選択肢」とのことだ。

同氏のコメントが示唆するのは、広告業界が激変する中で、今後投資ファンドがマーケティングサービス業界をターゲットとする可能性があることだ。WPPの2017年の業績は、大手クライアントによる予算削減や、急成長を続けるグーグルやフェイスブックなどのプラットフォームと同社事業が競合していることが影響し、横ばいとなる見通し。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。