Barry Lustig
2016年5月10日

変化にいかに対応するか

キャンペーン・ジャパンの立ち上げにあたり、日本のマーケティング業界で活躍するクリエイティブな方々へのインタビュー・シリーズを、デイビッド・ブレッケンと共にお届けします。

「日本のクリエイティビティーを語る」シリーズ第一回は、鏡明氏へのインタビューです
「日本のクリエイティビティーを語る」シリーズ第一回は、鏡明氏へのインタビューです

この「日本のクリエイティビティーを語る」シリーズでは、あらゆる規模の広告会社、商品やサービスの魅力を引き出すプロダクション、業界への影響力を高める戦略コンサルティング会社、生活者の行動を形づくるテクノロジー会社など、幅広い分野で活躍するクリエイティブリーダーを特集します。

それぞれのリーダーが独自の視点で語る、重要事項や課題。しかしそこに一貫するのは、日本のクリエイティビティーの特性や、日本の広告界の未来といったテーマです。

我々の業界がどのような未来に進もうとも、クリエイティビティーやコラボレーション、技能に深く根ざしたものであることに変わりはありません。このシリーズでお届けするリーダーたちの声が、皆さまが日々の仕事の価値を再確認する上でお役に立てば幸いです。

私たちは皆、今後の見通しや、次なる変化への対応に思いを巡らせています。しかし、慣習にとらわれない自由な未来や、今より相互のつながりが深まる未来、今までのやり方が通用しなくなった未来を思い描く一方で、日々さまざまなプレッシャーにさらされる現実の中で見失ってしまいがちです。変化を求める声があっても、いかに変化に対応するかを見いだせずにいるケースも多いのではないでしょうか。

私たちが競争力を維持し続けるために、多くの点で見直しが必要だということに、誰も異存はないでしょう。将来を考える上で、変えたくないものは何か、自分自身や会社が最も大切にしていることは何かを問い直すことから始めるのも良いかもしれません。時を経ても損なわれることのない優れた資質を、維持しながら前進する方法を考えるのです。企業や業界の転換という大きなテーマを前に、立ちすくむこともあるでしょう。それは多くの場合、失敗への恐怖心を払拭できず、将来のチャンスに対して楽観的になれないことが原因ではないでしょうか。

このシリーズで取り上げるクリエイティブリーダーたちの視点が、日本のマーケティング業界の素晴らしさの再発見につながればと願っています。

シリーズ第一回は、鏡明氏(ドリル エグゼクティブ・アドバイザー、元・電通エグゼクティブ・アドバイザー / グローバル・エグゼクティブ・クリエイティブ・アドバイザー)へのインタビューです。

バリー・ラスティグは、アジアを中心にブランド・戦略コンサルティングを手掛けるコーモラントグループのパートナーです。

 

 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

広告は物を売ることもできるが、世界を救うこともできる

スターコム(Starcom)でアカウントディレクターを務めるワンジュ・リー氏は、広告業界が「物を売ること」と「社会貢献活動」を両立できると考える理由を説明する。

4 日前

ガイ・カワサキからマーケターへ「パンデミックを生き抜くための10のポイント」

ブランドエバンジェリストのガイ・カワサキ氏が、持続性の向上から低調な事業・製品の廃止まで、ブランドが長引くパンデミックを生き抜くための助言を授ける。

4 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、今年もオンラインのみ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

エージェンシー社員のメンタルヘルスを守れ

英コンサルティング会社の調査で、ピッチ(競合の企画提案)による重圧がエージェンシー社員を苦しめていることがわかった。