Barry Lustig
2016年5月10日

変化にいかに対応するか

キャンペーン・ジャパンの立ち上げにあたり、日本のマーケティング業界で活躍するクリエイティブな方々へのインタビュー・シリーズを、デイビッド・ブレッケンと共にお届けします。

「日本のクリエイティビティーを語る」シリーズ第一回は、鏡明氏へのインタビューです
「日本のクリエイティビティーを語る」シリーズ第一回は、鏡明氏へのインタビューです

この「日本のクリエイティビティーを語る」シリーズでは、あらゆる規模の広告会社、商品やサービスの魅力を引き出すプロダクション、業界への影響力を高める戦略コンサルティング会社、生活者の行動を形づくるテクノロジー会社など、幅広い分野で活躍するクリエイティブリーダーを特集します。

それぞれのリーダーが独自の視点で語る、重要事項や課題。しかしそこに一貫するのは、日本のクリエイティビティーの特性や、日本の広告界の未来といったテーマです。

我々の業界がどのような未来に進もうとも、クリエイティビティーやコラボレーション、技能に深く根ざしたものであることに変わりはありません。このシリーズでお届けするリーダーたちの声が、皆さまが日々の仕事の価値を再確認する上でお役に立てば幸いです。

私たちは皆、今後の見通しや、次なる変化への対応に思いを巡らせています。しかし、慣習にとらわれない自由な未来や、今より相互のつながりが深まる未来、今までのやり方が通用しなくなった未来を思い描く一方で、日々さまざまなプレッシャーにさらされる現実の中で見失ってしまいがちです。変化を求める声があっても、いかに変化に対応するかを見いだせずにいるケースも多いのではないでしょうか。

私たちが競争力を維持し続けるために、多くの点で見直しが必要だということに、誰も異存はないでしょう。将来を考える上で、変えたくないものは何か、自分自身や会社が最も大切にしていることは何かを問い直すことから始めるのも良いかもしれません。時を経ても損なわれることのない優れた資質を、維持しながら前進する方法を考えるのです。企業や業界の転換という大きなテーマを前に、立ちすくむこともあるでしょう。それは多くの場合、失敗への恐怖心を払拭できず、将来のチャンスに対して楽観的になれないことが原因ではないでしょうか。

このシリーズで取り上げるクリエイティブリーダーたちの視点が、日本のマーケティング業界の素晴らしさの再発見につながればと願っています。

シリーズ第一回は、鏡明氏(ドリル エグゼクティブ・アドバイザー、元・電通エグゼクティブ・アドバイザー / グローバル・エグゼクティブ・クリエイティブ・アドバイザー)へのインタビューです。

バリー・ラスティグは、アジアを中心にブランド・戦略コンサルティングを手掛けるコーモラントグループのパートナーです。

 

 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

13 時間前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2021 、ネットフリックスとウィーチャットの躍進

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

14 時間前

2021年は、顧客の体験を軸にビジネス全体を再構築する「BX元年」

局所的な改善だけで大きな成果を得ることが難しくなった今、企業に必要なのは顧客体験を基軸とした企業活動全般の設計だと、アクセンチュアの黒川順一郎氏は語る。

15 時間前

P&G マーク・プリチャード氏 インタビュー:ブランドはプラットフォームの監視に「時間をかけすぎている」

日用消費財大手、プロクター&ギャンブル(以下P&G)のマーク・プリチャード氏が、バーチャル開催になったCESの「P&G LifeLab」でCampaign USのインタビューに応え、 P&Gはアカウンタビリティが果たせるまでプラットフォームへの支出を抑制し続けると語った。

15 時間前

2021年のブランド体験を牽引する5つのトレンド

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる暗い影響が続くなか、Campaignは英国の実績豊富なトップエージェンシー数社への取材を基に、2021年のブランドイベントがどのようなものになるのかを予測した。