David Blecken
2017年6月29日

広告のベテランがPRの世界に転身

森田尚子氏は、よりブランドを中心に据えたPRに好機を見出している。

森田尚子氏
森田尚子氏

ジェイ・ウォルター・トンプソン(JWT)に13年近く勤めた森田氏は最近、エデルマン・ジャパンのディレクター・オブ・ブランドに就任した。転職前はJWTでグローバル・コーポレート・マーケティング・ディレクターとして、日本企業の海外進出のサポートに携わっていた。

森田氏はエデルマン・ジャパンの代表取締役社長ロス・ローブリー氏を訪れ、新しい職場での役割について詳細を詰めている。とはいえ、単なるPR会社以上の存在に姿を変えようとサービスの多様化を進めるエデルマンにおいて、同氏の役割は、より高いレベルで顧客ブランドの形成を考えることと、ブランディング統制を強めることであろう。社内のブランドグループ(かつてのコンシューマーグループ)を率い、必要に応じて社内外と連携していくことになる。

広告からPRへの転身はまだ比較的まれではあるだが、エデルマンは最近、BBDOなどいくつかの広告会社から人材を採用している。森田氏は今回の転職の理由には、自身が「ボーダーレス」の仕事がしたかったことと、ブランディングをよりPRの視点から見たかったことがあると説明する。広告界は依然として、ブランドから消費者への一方通行的なコミュニケーションから抜け出せずに苦慮しているというのだ。

また森田氏は転職前から、エデルマンをPRエージェンシーというよりもむしろ、主張を持って牽引していく「ソートリーダーシップ・エージェンシー」と位置付けていた。エデルマンが毎年発表する信頼度調査「トラストバロメーター」などのレポートは、JWT時代に戦略を考える上で役立てていたという。エデルマンはCampaignが主催する「PRアワード・アジア2017」で、「日本/韓国PRコンサルタンシー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれている。

社会情報大学大学院(新宿区)の理事長、東英弥氏は昨年のインタビューで、日本のPRはブランディングやその他のマーケティング活動とかけ離れているケースがあまりにも多いと指摘。森田氏は、PRとマーケティングのすべての活動はブランドを中心に据え、予算も同じ財布から出されるべきだと話す。「PRを通じてメディアに伝えられるものは、それが消費者に届いた時点で、すべてブランドからのメッセージなのです。そのメッセージがどこから発せられたのかは関係ありません。だからPRに従事する人たちは、もっとブランド中心主義でなければならないのです」

森田氏が特に関心を寄せるのは、スタートアップ企業だ。JWT時代にスタートアップのためのワークショップを行い、スタッフをブランドのアドボケイト(熱烈な支援者)に変えた。「ブランドに寄与してくれる人は、すべて大切なのです」

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:岡田藤郎 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

16 時間前

現代メディアの謎:メディア細分化時代にマスへリーチする意義とは

マスリーチの実現は、以前より困難になったものの誤った考えではない。これを適切に遂行するために、より高度な戦略と優秀なストラテジストが必要になった。

17 時間前

「グローバル・アライアンス・フォー・レスポンシブル・メディア」、プラットフォームにおける「有害コンテンツ...

この発表は、このアライアンスが大手ブランド主導のもとにソーシャルメディア上の誤情報やヘイトスピーチへの取り組みにおいて最初の重要な一歩を踏み出したことを示している。

17 時間前

キネッソジャパン新社長に、野澤ニコラス氏

インターパブリック・グループ(IPG)のメディア・マーケティング・テクノロジーユニット「キネッソ(Kinesso)」社の新たな代表取締役社長に、野澤ニコラス氏が就任した。

20 時間前

Haymarket Media Asia とCyber Communicationsコンテンツパートナシ...

本契約により、HaymarketとCCIは、Campaignブランドの世界的なポジショニングやプラットフォーム、コンテンツ等を通して、日本の広告業界およびマーケティングコミュニティに貢献していきます。