Ryoko Tasaki
2021年9月10日

恋人からの支配の特徴、ファッション誌のように描写

美しい衣裳をまとい、ポーズをとる女性たち。その思いつめたような表情の理由が、クレジットに記されている。

恋人からの支配の特徴、ファッション誌のように描写

一見すると、ファッションモデルの写真にクレジットが添えられたようなビジュアル。だが読み込んでみると、服装は全てモデルのパートナーが決めたもので、行動はパートナーに制限されており、自信を奪われ、疎外感、孤独感、絶望感にも苦しめられていると書かれている。

このキャンペーンはドメスティックバイオレンス(DV)の被害者支援団体「ウィメンズ・エイド」によるもので、パートナーからの支配的な束縛がどのような影響を及ぼすのかを若者に向けて訴求する。制作はエンジングループ。

パートナーによる支配的な束縛は、パンデミックによって悪化している。イングランド及びウェールズの警察に寄せられた相談や通報の件数は24,856件(2020年3月時点)で、前年の16,679件から大幅に増加した。「支配的な束縛は、その兆候がどのようなものなのかを理解していなければ、特定するのが難しい」と語るのは、ウィメンズ・エイドのファラ・ナジールCEOだ。「加害者は、周りのサポートからゆっくりと引き離し、主体性を奪い、日常を規制し、もっとコントロールしようとします。このキャンペーンは被害者やその周辺の人たちが問題を認識できるようになるため、支配的な束縛について認知度を高めるために不可欠なもの。ここに描かれているような兆候に心当たりがあれば、ぜひ専門家の支援を受けてください」

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:リアルな情報で実像を描き出す

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

日本のトップブランド:上位陣、コロナ禍でも安泰

【アジアのトップ1000ブランド】日本ではトヨタが4年連続で首位の座を堅持し、トップ5は昨年と変わらず。一方、楽天や三菱、日産が大きく順位を上げた。

3 日前

広告における多様性はなぜ間違ったままなのか

広告キャンペーンで描かれる多様性は表面的で、その多くにはまだオーセンティシティー(真正性)が含まれていない。

3 日前

アプリに対する要求レベルの急上昇にどう対処すべきか

ここ1年半、消費者は、生活上のあらゆるニーズを満たすためアプリに殺到し、ユーザビリティの悪いデザインや動作には厳しい目を向けるようになってきた。アップダイナミクスのリージョナルCTOが、ユーザーにアプリを削除されないためのヒントを紹介する。