Ryoko Tasaki
2021年9月10日

恋人からの支配の特徴、ファッション誌のように描写

美しい衣裳をまとい、ポーズをとる女性たち。その思いつめたような表情の理由が、クレジットに記されている。

恋人からの支配の特徴、ファッション誌のように描写

一見すると、ファッションモデルの写真にクレジットが添えられたようなビジュアル。だが読み込んでみると、服装は全てモデルのパートナーが決めたもので、行動はパートナーに制限されており、自信を奪われ、疎外感、孤独感、絶望感にも苦しめられていると書かれている。

このキャンペーンはドメスティックバイオレンス(DV)の被害者支援団体「ウィメンズ・エイド」によるもので、パートナーからの支配的な束縛がどのような影響を及ぼすのかを若者に向けて訴求する。制作はエンジングループ。

パートナーによる支配的な束縛は、パンデミックによって悪化している。イングランド及びウェールズの警察に寄せられた相談や通報の件数は24,856件(2020年3月時点)で、前年の16,679件から大幅に増加した。「支配的な束縛は、その兆候がどのようなものなのかを理解していなければ、特定するのが難しい」と語るのは、ウィメンズ・エイドのファラ・ナジールCEOだ。「加害者は、周りのサポートからゆっくりと引き離し、主体性を奪い、日常を規制し、もっとコントロールしようとします。このキャンペーンは被害者やその周辺の人たちが問題を認識できるようになるため、支配的な束縛について認知度を高めるために不可欠なもの。ここに描かれているような兆候に心当たりがあれば、ぜひ専門家の支援を受けてください」

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:アップル製品にChatGPT搭載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2024年6月12日

「AIはクリエイティビティーを強化」 マーク・リードWPP CEO

AIの時代となりつつある現在。大手エージェンシートップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕を前に、WPPのマーク・リードCEOが綴る。

2024年6月12日

プライド月間のマーケティング施策、慎重姿勢が強まる

プライド月間が始まったが、企業の参加は減少すると予想される。

2024年6月12日

「消費者はモルモットになるべきではない」 性急なAI導入に広告業界が警鐘

グーグルが、AIの不正確性で再び苦境に立たされている。検索結果を要約するAI製品に広告が間もなく掲載されることから、デジタル広告会社の幹部はテクノロジー業界に開発競争のペースを落とすよう促す。