David Blecken
2018年2月07日

資生堂、R/GAと提携してイノベーションを目指す

資生堂のクリエイティブ本部に、R/GAの5名が常駐することとなる。

マーク・ロイド・ラック氏
マーク・ロイド・ラック氏

資生堂は、店舗改革やコミュニケーションにおけるイノベーションを目指し、R/GAと提携する。

R/GAからは、総指揮をとるマーク・ロイド・ラック氏(ユーザー・エクスペリエンス部門アソシエイト・クリエイティブ・ディレクター)の他、シニア・プロデューサー、クリエイティブ・テクノロジー・ディレクター、ソフトウェア・エンジニア、デザイン・ディレクターの、計5名が資生堂の「組込み型チーム」として常駐する。

R/GAアジア太平洋バイス・プレジデント・マネージング・ディレクターのジム・モファット氏によると、チームはまずコーポレートイベントの顧客体験やサービスの開発に取り組むこととなる。

R/GAを資生堂のクリエイティブに組み込むことで、外部のエージェンシーにクリエイティブブリーフを渡して進めてもらう従来型のアプローチとは異なった、より良い連携が実現するのではと、資生堂クリエイティブ本部長の山本尚美氏は語る。

山本氏によると、R/GAのメンバーは「資生堂のクリエイティブ本部にとって欠かせない存在」だ。
今回の提携で目指すのは、クリエイティブの制作にとどまらない。「発想や制作、コラボレーションの新しい方法を構築することが、我々の最終的なゴールです」

またR/GAは、顧客体験や商品・サービスのイノベーションや、スピーディかつ協調的な働き方を実現していくとモファット氏は話す。

山本氏は昨年Campaignのインタビューで、デジタルやソーシャルといったメディアにより「短いサイクルで大量のコンテンツ制作が求められる」ようになったとコメントしている。

資生堂は「真にグローバルな企業」となるべく尽力しており、今年10月を目処に、本社部門の公用語を英語にするとも報じられている。

同社はまた、デジタルを軸とした改革も目指している。これには「まったく新しいマインドセット」が必要だが、その際にクリエイティブ本部がさまざまな部門を刺激し、実現へと導くポテンシャルがあると山本氏は考えている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

4 日前

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。

4 日前

APACのブランドセーフティ指標が大きく改善:ダブルベリファイ調査

ダブルベリファイの調査によれば、APACではモバイルアプリ広告の品質も向上している。また、アドフラウドが減少し、動画広告のビューアビリティが向上したことも確認された。ただし、ディスプレイ広告のビューアビリティはやや低下している。