Gideon Spanier
2020年5月08日

WPP、CEO報酬と役員会メンバーを公表

前CEOのマーティン・ソレル卿には、長期インセンティブとして51万7000ポンド(約7億円)が支払われた。

WPPのマーク・リードCEO
WPPのマーク・リードCEO

WPPは年次報告書で、マーク・リードCEOに昨年の年収としておよそ260万ポンド(約3億5000万円)が支払われたと発表した。

年収に含まれるのは97万5000ポンドの給与、130万ポンドの短期インセンティブ、7万1000ポンドの長期インセンティブなど。

2019年のWPPの純売上高は3年連続で減少し、前年比1.6%減。だが、株価は8.5ポンドから10ポンド超に。今年は新型コロナウイルスの影響で再び大きく落ち込んでいる(5月8日時点で約6ポンド)。

リード氏の昨年の短期インセンティブは最大額の55%で、長期インセンティブは15%に過ぎなかった。WPPの収益と株価が5年間にわたって下落していることによる。

2018年4月まで32年間CEOを務めたマーティン・ソレル卿は、いまだに長期インセンティブを受け取っており、51万7000ポンド相当の株式報酬を得た。

また、リード氏がグループの経営改革のために設置した役員会のメンバーを初めて公表。ソレル卿がCEOを務めていた時には役員会や取締役会は設けられていなかった。

年次報告書は「WPPの役員会は責任を持って会社を牽引し、施策を実行していく」とし、メンバーがグループの中核企業において先導的・中心的役割を担っていくとしている。

リード氏以外の役員会のメンバーは以下の通り。

  • ジョン・ロジャース(WPP CFO<最高財務責任者>)
  • アジャズ・アーメッド(AKQA CEO)
  • ステファン・アラン(メディアコム ワールドワイドチェアマン兼CEO)
  • ジャッキ・カニー(WPP CPO<最高人材活用責任者>)
  • ジョン・クック(VMLY&R グローバルCEO)
  • メル・エドワーズ(ワンダーマントンプソン グローバルCEO)
  • ニック・エメリー(マインドシェア グローバルCEO)
  • ローレン・エジキール(WPP CMO・CGO<最高マーケティング・成長責任者>)
  • リチャード・グラッソン(ホガース グローバルCEO)
  • アンドレア・ハリス(WPP 主任顧問)
  • マイケル・ハウストン(グレイ グローバルCEO)
  • ドナ・インペラート(BCW グローバルCEO)
  • トビー・ジェナー(ウェイブメーカー グローバルCEO)
  • クリスチャン・ジュール(グループM グローバルCEO)
  • リンゼイ・パティソン(WPP CCO<最高クライアント責任者>)
  • ステファン・プレトリウス(WPP CTO<最高技術責任者>)
  • アンドリュー・スコット(WPP COO<最高執行責任者>)
  • ジョン・セイファート(オグルヴィ グローバルCEO)

(文:ギデオン・スパニエ 翻訳・編集:水野龍哉)

 

提供:
Campaign UK
タグ

関連する記事

併せて読みたい

9 時間前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

3 日前

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

3 日前

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。

3 日前

世界マーケティング短信:働き方の大転換

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。