Ryoko Tasaki
2017年8月23日

元サッカー少年たちが応援するアジア最終予選

ワールドカップ出場を賭けた試合を応援する動画が、部活動に熱くなったことのある人たちの懐かしさを呼び覚ます。

FIFAワールドカップ2018ロシア大会のアジア最終予選が、8月31日に開催される。サッカー日本代表を1978年より支援してきたキリングループが、このたび応援動画「俺たち、めっちゃ」(企画:カヤック、制作:AOI Pro.)を公開した。

主人公は、学生時代にサッカー漬けの毎日を過ごした社会人。きつい練習に明け暮れたり、休み時間に仲間たちとふざけたりといった、サッカー部に所属していた人ならば誰もが経験したようなシーンに次々と切り替わる。そして昔を懐かしむ主人公のところに、かつての仲間から「今度の代表戦、めっちゃ久々に集まらない?」というメッセージが届く。

回想シーンで登場するユニフォームやスパイクも、2000年頃のものが使用されている。観た人たちからは「グッと来た。めっちゃサッカーしたよ、本当に」「やっぱりもう一度部活やりたい」など、サッカーに打ち込んでいた頃を懐古するコメントがSNS上に投稿された。

Campaignの視点:
「めっちゃ頑張れ、俺たちの代表」というコピーが、日本代表を雲の上の存在としてではなく、スポーツに熱心に取り組んだことのある人々の代表として位置づけている。青春時代にサッカーに明け暮れた人はもちろんのこと、部活動がサッカー以外のスポーツだった人にとっても、自分の思い出と重ね合わせることができるシーンが数多く登場し、共感を呼ぶ。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

広告は物を売ることもできるが、世界を救うこともできる

スターコム(Starcom)でアカウントディレクターを務めるワンジュ・リー氏は、広告業界が「物を売ること」と「社会貢献活動」を両立できると考える理由を説明する。

4 日前

ガイ・カワサキからマーケターへ「パンデミックを生き抜くための10のポイント」

ブランドエバンジェリストのガイ・カワサキ氏が、持続性の向上から低調な事業・製品の廃止まで、ブランドが長引くパンデミックを生き抜くための助言を授ける。

4 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、今年もオンラインのみ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

エージェンシー社員のメンタルヘルスを守れ

英コンサルティング会社の調査で、ピッチ(競合の企画提案)による重圧がエージェンシー社員を苦しめていることがわかった。