David Blecken
2016年12月01日

「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2016」を発表

12月1日、Campaign Asia-Pacific主催の「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2016」の授賞式が初めて東京で行われ、日本と韓国からエントリーした企業や個人の中から受賞者が発表された。日本勢の結果を中心に、その模様をお伝えする。

TBWA\HAKUHODO
TBWA\HAKUHODO

クリエイティブエージェンシー部門で金賞を受賞したのは今年もTBWA\HAKUHODOで、その地位を不動のものとした。同社は新たな成長機会の開拓に注力しており、6月のカンヌライオンズでサイバー部門の金賞を獲得した「景色まるごと自撮りシステムGIGA SELFIE」は商標登録済、特許出願中だ。ほかにも一般社団法人「MAKOTO」と協業してプロフィットシェアリング・モデルのベンチャー支援事業に進出したり、アドビのマーケティングクラウド・ソリューション・パートナーになったりと積極的な展開が光る。マッキャン・ワールドグループジャパンとオグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンも、あらためてその実力を証明した。マッキャンは人材育成に大規模な投資を行い、オグルヴィは社内文化の多様性を追求したことが今回の結果につながったと言えよう。

メディアエージェンシー部門ではマインドシェアが金賞に返り咲き、メディアコム・ジャパンが銀賞を獲得。マインドシェアは新しい経営陣の下、プロダクトソリューション、アカウンタビリティー(説明責任)、トランスペアレンシー(透明性)の実現に全力を傾けている。銅賞はUMジャパンに贈られた。

TBWA\HAKUHODOはデジタル部門でも強さを見せ、同社デジタルアーツネットワーク(DAN)が金賞を受賞。日産の「インテリジェントパーキングチェア」を手がけたほか、データの積極活用でマーケティングの新境地を開いたことが評価された。アクセンチュア・インタラクティブの入賞も注目に値する。同社は今や日本のデジタルスペースの主要プレイヤーで、クリエイティブコンテンツの開発など幅広いサービスを提供している。その核である分析やコンサルティングと組み合わせたサービスの展開は、従来型の広告代理店にとって今後ますます脅威となるだろう。

日本市場で躍進著しいエデルマン・ジャパンは、PR部門(日本 /  韓国)で金賞を獲得。スペシャリスト部門(日本 / 韓国)では、昨年アイプロスペクトに金賞を譲ったマッキャンヘルスケアワールドワイドジャパンが王座に返り咲いた。

以下、個人部門受賞者を含めた全受賞者のリストをご紹介する。
 

クリエイティブエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本)

  • 金賞: TBWA\HAKUHODO
  • 銀賞: マッキャン・ワールドグループジャパン
  • 銅賞: オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン

メディアエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本)

  • 金賞: マインドシェア
  • 銀賞: メディアコム・ジャパン
  • 銅賞: UMジャパン

デジタルエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本)

  • 金賞: TBWA\HAKUHODO、デジタルアーツネットワーク
  • 銀賞: 電通アイソバー
  • 銅賞: アクセンチュア・インタラクティブ

PRエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国)

  • 金賞: エデルマン・ジャパン
  • 銀賞: アシュトン・コンサルティング
  • 銅賞: エデルマン・コリア

スペシャリストエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国)

  • 金賞: マッキャンヘルスケアワールドワイドジャパン
  • 銀賞: アイプロスペクト・ジャパン
  • 銅賞: ターギス

アカウントパーソン・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国)

  • 受賞: 吉井寿浩、 TBWA\HAKUHODO
  • 次点: 惠本浩透、 電通アイソバー

エージェンシーヘッド・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国)(協賛:アクセンチュア・インタラクティブ)

  • 受賞: ケヴィン・グァンス・コウ 、DDBグループ・コリア
  • 次点: 得丸英俊、 電通アイソバー

クリエイティブ・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国)

  • 受賞: 近山知史、 TBWA\HAKUHODO
  • 次点: アジャブ・サムライ、 オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン

ニュービジネスディベロップメントチーム・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国)

  • 受賞: ソーシャルメディアマーケティングチーム、 電通アイソバー
  • 次点: ニュービジネスディベロップメントチーム、伊藤太郎、石倉一誠、田中啓之、
    鈴木智、 TBWA\HAKUHODO

プランナー・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国)

  • 受賞: 飯野泰毅、 TBWA\HAKUHODO
  • 次点: 今橋雅史、 電通アイソバー

ヤングアチーバー・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国)

  • 受賞: 栗林和明 、TBWA\HAKUHODO 、デジタルアーツネットワーク
  • 次点: マイヤ・ウィエスター 、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン


選考方法

日本と韓国、それぞれの審査員は広告主のマーケターによって構成。第1次選考は、各カテゴリーの審査基準に照らし合わせて個々のエントリーを審査、100点満点で採点した。

エントリーごとに全ての審査員の点数を合計し、各カテゴリーの受賞候補者を最大5社 / 名まで絞り込んだ。候補者が3社 / 名に満たなかったカテゴリーについては、全審査員でリストの有効性を協議し、第2次選考で賞の授与を決定した。また、個々の審査員が全てのエントリーを採点した場合のみ集計の対象とした。

第2次選考では日本と韓国の審査員が対面、または電話会議の形式で協議。それぞれの候補者をあらためて100点満点で採点し、全ての審査員の点数を合計、得点の高い順に金・銀・銅の賞を決定した。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:鎌田文子 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

23 時間前

「40 Under 40 2020」:日本ブランドの若き才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で活躍する若手を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。先週は日本を拠点とする逸材をご紹介したが、今週は日本企業の下、他国で異才を発揮する4人を取り上げる。

2020年11月27日

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020、結果発表

Campaign Asia-Pacificが主催するアワード「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020」の、日本/韓国地域における受賞企業ならびに受賞者が発表された。

2020年11月27日

世界マーケティング短信:パンデミックがあぶり出す脆弱さ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年11月27日

「40 Under 40 2020」:APACの明日を担う、若き日本の才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で目覚ましい活躍をした若手の逸材を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。今年は日本から2人が選ばれた。