David Blecken
2018年1月23日

ジオメトリー・グローバルに、戦略とデジタルの責任者が就任

熟練したストラテジストを、ベルリンから招き入れる。

アンドレアス・モエルマン氏
アンドレアス・モエルマン氏

ジオメトリー・グローバルはアンドレアス・モエルマン氏を、チーフ・ストラテジー・オフィサーならびにデジタル部門の責任者として迎えた。CEO/職務執行者の太田一郎氏の直属となる。

モエルマン氏は、ベルリンに拠点を置くエージェンシー「アントニ」から、WPP傘下のジオメトリー・グローバル(オフィスはオグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンの隣)へと移ってきた。就任するポジションはこのたび新設されたもので、デジタル領域でのイノベーションに注力していく。広報担当によると、同氏の就任は事業の急成長に伴うものだという。

同氏は1月22日発表のプレスリリース内で「商品の差別化特性が失われコモディティ化が進む中、顧客のブランド体験価値の向上は、商品のプレミアム性を高めると共に、ビジネスでの成功においても最重要事項となっています」とコメントしている。

前職のアントニでは、メルセデスベンツが自動車メーカーからモビリティサービス事業者へと変革を遂げるプロセスに、ヘッド オブ ストラテジーとして尽力。販売台数が減少傾向の中で、同様の変革を急ぐメーカーは多い。

同氏はこれまでサーチ&サーチ、BBDO、DDB、アイソバー、サピエントニューロなどで勤務。ロンドン、アムステルダム、香港、上海で経験を積み、最近はベルリンで勤務していた。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。