Staff Reporters
2021年10月18日

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

アジア太平洋地域(APAC)で最も名誉ある広告賞、スパイクスアジアのエントリーが始まった。

今回は2部門を新設、タングラムスアワード(Tangrams Strategy & Effectiveness Awards)は「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(S&E)・スパイク」に統合される。

S&Eは斬新なクリエイティビティーとサステナビリティーを両立させ、目に見える成果を上げた戦略を表彰するもので、近年APACのエージェンシー、ならびにクライアントに浸透しつつあるクリエイティビティーとS&Eの文化を推進する企図がある。

「新しくS&Eスパイクを加えることは、スパイクスアジアにとって大きな進歩。APACにおけるクリエイティビティーとマーケティング効果の確固たるベンチマークとして、それらの役割をさらに高めていくでしょう」と話すのはスパイクスアジアの新たなイベントディレクター、ジェニー・ラウ氏。「クリエイティビティーと有効性は長い間、異質のものとされてきた。この賞は双方の相乗効果の重要性をより強くアピールできる。それらが合致したときこそ、消費者やブランド、そして世界に対してポジティブな影響力をより発揮できるのです」

スパイクスアジアは毎年アップデートされる。来年は新たに2つの賞が加わる。アイデアと情報の相乗効果を評価する「クリエイティブデータ・スパイク」と、ソーシャルメディアのクリエイティブな活用、及び戦略的なインフルエンサーマーケティングソリューションを検証する「ソーシャル・アンド・インフルエンサー・スパイク」だ。「デジタル・スパイク」は廃止となる。

「APACのクリエイティブコミュニティーと協議を重ね、業界の急速な進歩に対応するためいくつかの部門を刷新した。2022年に向けた変革です」と話すのはヘイマーケットメディア・アジアのマネージングディレクター、アティファ・シルク氏。「世界レベルの基準を示し、地域の優れたクリエイティブワークをたたえる機会となる。新たなスパイクスに大きな期待を抱いています」

スパイクスアジアの受賞者は来年3月に発表される。共同運営はCampaign Asia。様々なイベントに関する詳細は年内に発表。興味をお持ちの方はこちらからご登録を(無料)。

スパイクスアジア概要

  • 賞のエントリーは本年10月14日より開始
  • エントリーの締め切りはシンガポール時間2022年1月20日午後11時59分(日本時間21日午前0時59分)
  • 新たな賞はS&Eスパイク、クリエイティブデータ・スパイク、ソーシャル・アンド・インフルエンサー・スパイクの3つ
  • デジタル・スパイクは廃止
  • 各部門・カテゴリーも拡充。詳細は追って本誌に掲載予定

(文:Campaign Asia-Pacific編集部 翻訳・編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:アップル製品にChatGPT搭載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2024年6月12日

「AIはクリエイティビティーを強化」 マーク・リードWPP CEO

AIの時代となりつつある現在。大手エージェンシートップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕を前に、WPPのマーク・リードCEOが綴る。

2024年6月12日

プライド月間のマーケティング施策、慎重姿勢が強まる

プライド月間が始まったが、企業の参加は減少すると予想される。

2024年6月12日

「消費者はモルモットになるべきではない」 性急なAI導入に広告業界が警鐘

グーグルが、AIの不正確性で再び苦境に立たされている。検索結果を要約するAI製品に広告が間もなく掲載されることから、デジタル広告会社の幹部はテクノロジー業界に開発競争のペースを落とすよう促す。