Joseph Arthur
2024年3月06日

メタが記録的な広告売上高を達成、一方でTikTokのエンゲージメントは 39% 減少

インスタグラムとフェイスブックは、オーガニック(自発的)なエンゲージメントをブランドにもたらしている。一方、TikTok ではインプレッションが減少し、X の広告価格は下落している。

メタが記録的な広告売上高を達成、一方でTikTokのエンゲージメントは 39% 減少

* 自動翻訳した記事に、編集を加えています。

ユーザーとブランドの間にオーガニック(自発的)なインタラクションを生み出すことにおいて、すぐれているのはインスタグラムとTikTok(ティックトック)だが、メタ社(Meta)のプラットフォームのエンゲージメントは上昇傾向、TikTokのエンゲージメントは下降傾向にある。

顧客エンゲージメントプラットフォーム「エンプリファイ(Emplifi)」による最新の『ソーシャルメディア・ベンチマーク』レポートでは、2023年の第4四半期に325,000以上のグローバルブランドについて、インスタグラム、フェイスブック、TikTok、X(旧ツイッター)のアクティビティー(オーガニックとペイド)を分析。すると、インスタグラムはオーガニック動画視聴数でTikTokを上回っており、この傾向は2022年の初めから続いている。

リール(短尺動画)とカルーセル(複数の動画・静止画を組み合わせる投稿)は、インスタグラム上のオーガニックコンテンツで最も効果の高いフォーマットであり、投稿に対するインタラクションの中央値は65であった。クリスマス時期の盛り上がりは、ブランドのインスタグラムのオーガニックエンゲージメントの上昇に貢献し、前四半期と比べて9%増となった。

TikTokのエンゲージメントは引き続き低下

インスタグラムとフェイスブックが、過去2年間で最も高いオーガニックコンテンツのエンゲージメント率を記録した一方で、TikTokのオーガニックエンゲージメントは下降を続け、2023年第4四半期は2022年第1四半期と比較して39%減少した。

フェイスブックやXと比較すると、TikTokのエンゲージメントは依然として高いものの、投稿に対するインタラクション数(表示回数1000回あたり)は下降しており、2022年の初めから26%減少している。

興味深いことに、インスタグラムとTikTokのどちらにおいても、長尺動画と中尺動画の動画視聴数は短尺動画のそれを上回っている。

フェイスブックのライブ配信もブランドに大きな成果をもたらしており、リールやカルーセルの3倍以上のエンゲージメントが発生している。インスタグラムにオーガニック動画を投稿したブランドは、画像中心の投稿と比較すると、インタラクションの中央値とリーチ率の中央値が高かった。

Xの広告を、低価格で買う価値はあるか?

有料の広告に関しては、インスタグラムもフェイスブックも、2023年の第4四半期に記録的な水準の広告売上高を達成した。

特筆すべきなのは、Xでの広告がますます手頃な価格になっていることだ。クリック単価(CPC)とインプレッション単価(CPM)は2022年から2023年にかけて少しずつ低下。XのCPCは2022年半ばに22%減少し、2023年第4四半期には2022年第2四半期の半分以下になった。

同時期のフェイスブックのCPCとCPMは、期間を通じて一定している。クリック率(CTR)を分析すると、最も高かったのはフェイスブックで、X、インスタグラムが後に続く。

インスタグラムのフィード(ホーム画面)に表示される広告はCPCが最も高かったが、CTRも大幅に上昇する。2023年第4四半期に、インスタグラムのフィード広告のCTRは前四半期から24%増、ストーリーズ広告は22%増加した。

エンプリファイのCEOであるオハッド・ヘクト氏は「ソーシャルメディアマーケターや広告主にとって、今はとても面白い時期です。ソーシャルコンテンツを作成するために利用できるツールの数が増え、さまざまなブランドにとって利用しやすくなりました」と述べる。

「パフォーマンスの高い投稿を作成するための費用は、かつてないほど手頃になりました。コストを削減し、生産性の向上を推進する力の一つとなっているのが、生成AIです。エンゲージメントのトレンドが変化しているため、ソーシャルメディアマーケティングの予算をどのように配分するか、判断が難しくなっています」。

ソーシャルメディアマーケターは、柔軟で機敏なアプローチを取るべき

ヘクト氏は、こう続ける。「測定可能な成果をもたらす戦略的なキャンペーンを作成するために、マーケターは得られるすべてのインサイトを必要としています。ブランドは、マーケティング、コマース、カスタマーケアの目標間の大きなギャップを埋めるため、ソーシャルメディアマーケティングに依存しています。そのため、私たちが明らかにしたインサイトは、複数プラットフォームのエンゲージメントにおける急速な変化に適応しながら戦略を微調整するソーシャルメディアマーケターの役に立つでしょう」。

「私たちの調査から得られた最大の収穫は、ソーシャルメディアマーケターはオーガニックとペイドのキャンペーンにおいて、ソーシャルメディア戦略に柔軟かつ機敏なアプローチを取らなければならないということです。ソーシャルチャネルも、それぞれのユーザーのエンゲージメントも、進化し続けています。プラットフォームと共にソーシャルメディア戦略も進化し、最もエンゲージメントを獲得している形式に沿ってコンテンツを選ぶことが不可欠。それがソーシャルメディアマーケティングで成功するための近道なのです」。

 

提供:
Performance Marketing World

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:WPPのCEOがディープフェイクの標的に

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

パワーリスト2024:「APACベストマーケター50」に選ばれた日本人

Campaign Asia-Pacificが毎年、アジア太平洋地域(APAC)の傑出したマーケターを選ぶ「パワーリスト(Power List)」。今年は日本から5名が選出された。

4 日前

パワーリスト2024:足立光 (ファミリーマート)

足立氏は、ファミリーマートで季節ごとのキャンペーンを主導。ブランド史上最高益を達成した。

4 日前

パワーリスト2024:岡部義昭 (資生堂)

テクノロジーとマーケティングを融合させる岡部氏は、パーソナライゼーションと消費者エンゲージメントに焦点を当てた資生堂のイノベーションを牽引している。