Ryoko Tasaki
2023年10月13日

世界マーケティング短信:Xに出現した、広告表記のない広告

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

世界マーケティング短信:Xに出現した、広告表記のない広告

※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。

クリックしなければ詳細が分からない、Xの広告フォーマット

X(旧ツイッター)が新しい広告フォーマットをテストしていることが、ユーザーからの報告で明らかになった。新フォーマットはブロックや報告ができず、「いいね」も再投稿もできない。通常の広告のように「プロモーション」の表記がなく、誰の投稿なのかも明示されていない。「おすすめ」フィードに表示され、クリックすると外部サイトへとリダイレクト(転送)されてしまうことから、まるでクリックを誘導する「クリックベイト」のようだ。

一例を挙げると、「信じられないでしょうが、ドバイでは毎日起こっています」という文言が、きらびやかな写真と共に投稿されている(下の写真)。クリックすると、自社広告だらけのコンテンツファーム(低品質なコンテンツを大量に作成・配信するサイト)へと飛ばされるという。

イーロン・マスク氏が買収したXは広告事業で苦戦しており、広告収入が最大5割減少した。リンダ・ヤッカリーノ氏がCEOに就任し、立て直しを図っている最中で、先日は「過去12週間で1500の広告主が戻りました」、さらに「上位100の広告主の9割が戻ってきました」と述べていた。だがメディア・マターズ・フォー・アメリカ(Media Matter For America)のレポートによると、戻ってきた上位100の広告主の広告支出は9割ほど減っているという。またマスク氏の買収以来、米国における毎月の広告収入が前年比で最大55%減っているとロイターは報じている。

アマゾン、広告サーバー事業を2024年末に終了

アマゾンは2024年末に、Amazon広告サーバーを終了すると発表した。同社は2019年5月末、サイズミック(Sizmek、同年3月に経営破綻)から広告サーバー事業と動的クリエイティブ最適化(DCO)事業を買収。買収した広告サーバー事業を「Amazon広告サーバー」として刷新し、DSP(デマンドサイドプラットフォーム)やSSP(サプライサイドプラットフォーム)、クリーンルーム・ソリューションなどを提供してきた。

今後は「より包括的かつ柔軟で、耐久性のあるアドテクノロジー」の構築に投資していくと、同社広報担当者はコメントする。また、アマゾンが新たなにパブリッシャー向けのSSPを構築していることを、ビジネス インサイダーが求人情報から突き止めた。

メディア業界の変化、無視できない生成AIの台頭

電通が、今後1年で注目すべきメディアのトレンドをまとめたレポートを発表した。この中では、メディア業界に変化を起こすきっかけになる10項目を挙げ、それぞれについて解説している。

同社が今年9月にクライアントを対象に実施した調査で、マーケターの63%が生成AIの取り組みを開始していることが明らかになったように、本レポートでも10項目のうち3項目が生成AIに関連するものだった。

◆メディア業界 10のトレンド

  • 生成AIによる検索の台頭
  • 生成AIによるクリエイティビティー再考
  • 生成AIによる最適化
  • アプリの類似化
  • 「ウォールドガーデン」は「ウォールドパイプ」へ
  • 再び注目されるユーザーのアイデンティティー
  • より多くの広告で、より多くの収益を
  • メディアの多様化
  • より安全で強力なデジタル環境を
  • 広告効果の向上と、CO2排出削減の両立

【お知らせ】

Campaign Asia-Pacific主催「イベント・マーケティング・アワード2024」のエントリーが始まりました。早期エントリー締切は12月1日(金)、通常エントリー締切は1月23日(火)です。詳しくはこちら(英語)

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

パリ五輪で成功を目指すために必要なこと

世界的なスポーツの祭典で、アジアのブランドはどのように広告費を最大限に活用しているのか、マーケティング戦略を成功させる鍵は何か、若いファンを取り込むのに最適なプラットフォームは何か。

1 日前

メタCMO、戦略と「予算削減」を語る

2020年からメタのマーケティングを牽引するアレックス・シュルツ氏。若者たちの間での人気復活やプラットフォーム再構築など、複雑な課題を抱えた同社のマーケティング戦略を語る。

1 日前

ChatGPTは分析ツールとして信頼できるか?

期待外れに終わった実験から1年が経ち、飛躍的に成長したChatGPTは分析ツールとしての信頼を取り戻せたのだろうか? 我々のデータを、安心して託すことはできるだろうか?

2024年5月24日

世界マーケティング短信:Netflixの広告付きプランが4000万人を達成

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。