Jessica Goodfellow
2020年1月16日

博報堂、ベトナムで新会社設立

デジタルビジネスが急速に成長するベトナム。博報堂はワンストップサービスの提供で躍進を図る。

博報堂デジタル・ベトナムのCEOに就任したエマニュエル・ジェームズ・マンガハス氏
博報堂デジタル・ベトナムのCEOに就任したエマニュエル・ジェームズ・マンガハス氏

博報堂がフルサービス・デジタルエージェンシー「博報堂デジタル・ベトナム」を開設した。ベトナムでは既に2拠点でマーケティングソリューションを提供、現地のエージェンシーグループ「スクエア・コミュニケーションズ」(本社・ホーチミン市)も傘下に収めているが、さらなる基盤強化を狙う。

博報堂が初めてベトナム市場に参入したのは、2001年。ホーチミンで「博報堂SAC(Hakuhodo & Saigon Advertising Co)」を立ち上げ、その10年後には「博報堂ベトナム」を開設した。それぞれハノイにも事務所を置く。

2018年には、ベトナムとミャンマーで統合マーケティング・コミュニケーション事業を展開するスクエア・コミュニケーションズの株式を過半数取得、子会社化した。

新会社はデジタル戦略プランニング、クリエイティブ開発からメディアプランニング、メディアバイイング、コンテンツサービスまでの統合デジタルマーケティングサービスを提供し、「この基盤をより強固なものにする」(博報堂)。

本社はホーチミンに置き、今月より正式に営業を開始。ベトナムで博報堂グループのデジタルディレクターを務めていたエマニュエル・ジェームズ・マンガハス氏がCEOを務める。

「博報堂デジタル・ベトナムは生活者(消費者)への深い洞察力を武器に、クライアント企業に効果的かつ実用的なデジタルビジネスソリューションを提供することを目指しています。ベトナムにも到来したこのオールデジタル化社会に、博報堂グループの一員として優れた価値を提供していくことがとても楽しみです」と同氏。

ベトナムのGDP成長率は2019年1〜9月で7%。堅調な経済成長に伴い、社会全体で急速なデジタル変革が進む。

「デジタルメディアを駆使しての情報拡散や商品プロモート施策に対するニーズが今までになく高まっている」(博報堂)

(文:ジェシカ・グッドフェロー 翻訳・編集:水野龍哉)

タグ

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。