Misaki Tsuchiyama
2017年2月23日

日本発グローバルブランド、トップ10のうち5つは自動車

「インターブランドジャパン」が、ブランドの持つ価値を金額換算した独自のブランドランキング「ベスト・ジャパンブランド(Best Japan Brands )2017」を発表。自動車ブランドの強さが際立つ結果となった。

インターブランド代表取締役社長兼CEO、並木将仁氏
インターブランド代表取締役社長兼CEO、並木将仁氏

今年で9回目となるこのランキングは、「ベスト・グローバルブランド(Japan’s Best Global Brands、海外売上比率30%以上の日本ブランド)」と「ベスト・ドメスティックブランド(Japan’s Best Domestic Brands、同30%未満)」の2部門がある。

各ランキングのブランド価値の合計金額ではグローバルブランドが昨年比で6.3%、ドメスティックブランドが0.5%の成長を果たし、グローバルブランドの好調さが示された。

グローバルブランドのランキングは、「Toyota」が9年連続で首位。自動車ブランドは「Honda」(2位)、「Nissan」 ( 4位)、「Lexus」(9位)、「Subaru」(10位)がトップ10のうち5つを占め、日本ブランドを牽引する傾向が見られた。Subaruは4年連続でブランド価値成長率第1位。

また、海外売上高30%以上というグローバルブランドの基準を満たしたことで「Tokio Marine」と「MUJI」が初めてランキングに加わった。

ドメスティックブランドのランキングでは、「NTT DOCOMO」が7年連続の首位。「Softbank」( 2位 )と「au」( 3位)がこれに続き、通信社が安定した成長を示した。新たに加わったのは昨年上場した「Kampo Seimei」(17位)と「LINE」(23位) 、「Sompo Holdings」(35位) 、「Gusto」(37位)の4ブランド。

ロンドンに拠点を置くインターブランドは2000年から毎年、世界のグローバルブランド価値を評価した「ベスト・グローバルブランド」を発表しており、ベスト・ジャパンブランドも共通の評価方法を適用。よってこのランキングは、グローバルブランドと日本ブランドとの価値を相対比較できる尺度と言えよう。

対象となるブランドは日本発であること、財務情報が公表されていること、ブランドを冠する事業の海外売上高の比率が30%以上であること、グローバルに一般の認知度があることなどが基準となり、財務力、ブランドの購買意思決定に与える影響力、将来収益の確実性といった観点から算定している。

各ランキングのTOP40は、インターブランドのランキングページをご覧ください。

(文:土山美咲 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

次のCMOは、チーフ・ミュージック・オフィサー?

最高音楽責任者が経営に参画するケースが増えている。ブランドがサウンドの戦略的重要性に気づき、投資に乗り出すという、最近の広範なトレンドを象徴しているのだろうか?

3 日前

セマフォーが進めるデジタルニュースの「抜本改革」とは

グローバルニュースパブリッシャー、セマフォー(Semafor)でCEOを務めるジャスティン・スミス氏と、エグゼクティブエディターのジーナ・チュア氏が、報道の「再考」について語った。

3 日前

「パタゴニア株譲渡」は、究極のブランドパーパスか?

先週、米アウトドア用品大手パタゴニアの創業者イボン・シュイナード氏が、同社の全株式を環境団体などに寄付したことを明らかにした。この大胆な決断は、他企業にとって社会貢献の手本となるのか。コミュニケーションの専門家たちに聞いた。

3 日前

世界マーケティング短信:ショート動画の収益化、PRの気候変動への責任

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。