Misaki Tsuchiyama
2017年2月23日

日本発グローバルブランド、トップ10のうち5つは自動車

「インターブランドジャパン」が、ブランドの持つ価値を金額換算した独自のブランドランキング「ベスト・ジャパンブランド(Best Japan Brands )2017」を発表。自動車ブランドの強さが際立つ結果となった。

インターブランド代表取締役社長兼CEO、並木将仁氏
インターブランド代表取締役社長兼CEO、並木将仁氏

今年で9回目となるこのランキングは、「ベスト・グローバルブランド(Japan’s Best Global Brands、海外売上比率30%以上の日本ブランド)」と「ベスト・ドメスティックブランド(Japan’s Best Domestic Brands、同30%未満)」の2部門がある。

各ランキングのブランド価値の合計金額ではグローバルブランドが昨年比で6.3%、ドメスティックブランドが0.5%の成長を果たし、グローバルブランドの好調さが示された。

グローバルブランドのランキングは、「Toyota」が9年連続で首位。自動車ブランドは「Honda」(2位)、「Nissan」 ( 4位)、「Lexus」(9位)、「Subaru」(10位)がトップ10のうち5つを占め、日本ブランドを牽引する傾向が見られた。Subaruは4年連続でブランド価値成長率第1位。

また、海外売上高30%以上というグローバルブランドの基準を満たしたことで「Tokio Marine」と「MUJI」が初めてランキングに加わった。

ドメスティックブランドのランキングでは、「NTT DOCOMO」が7年連続の首位。「Softbank」( 2位 )と「au」( 3位)がこれに続き、通信社が安定した成長を示した。新たに加わったのは昨年上場した「Kampo Seimei」(17位)と「LINE」(23位) 、「Sompo Holdings」(35位) 、「Gusto」(37位)の4ブランド。

ロンドンに拠点を置くインターブランドは2000年から毎年、世界のグローバルブランド価値を評価した「ベスト・グローバルブランド」を発表しており、ベスト・ジャパンブランドも共通の評価方法を適用。よってこのランキングは、グローバルブランドと日本ブランドとの価値を相対比較できる尺度と言えよう。

対象となるブランドは日本発であること、財務情報が公表されていること、ブランドを冠する事業の海外売上高の比率が30%以上であること、グローバルに一般の認知度があることなどが基準となり、財務力、ブランドの購買意思決定に与える影響力、将来収益の確実性といった観点から算定している。

各ランキングのTOP40は、インターブランドのランキングページをご覧ください。

(文:土山美咲 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

37 分前

世界マーケティング短信:パンデミックがあぶり出す脆弱さ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

44 分前

「40 Under 40 2020」:APACの明日を担う、若き日本の才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で目覚ましい活躍をした若手の逸材を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。今年は日本から2人が選ばれた。

48 分前

メールマーケティングを成功に導く8つのTips

メールは、最も強力なコミュニケーション手段の一つであることに変わりはない。顧客にメール送信を許可してもらえるのはきわめて得難い特権だ。ブランド構築やデジタルマーケティングを手がけるArchetypeのシニアデジタルコンサルタントが、その特権を有効活用するためのTipsを8つ紹介する。大切なのは、信頼を裏切らないことだ。

57 分前

デジタル広告測定が困難な理由

測定には欠陥があり、指標も断片化されているため、マーケターをミスリードする可能性がある。Quantcastの東南アジア担当マネージングディレクターは、さまざまなアプローチの長所と短所を比較検討し、バイアスを減らして、情報に基づく意思決定を行うよう助言している。