Staff Reporters
2020年2月06日

楽天、シンガポールAI企業と新会社設立

新会社「楽天スクリーム」は、AIによる行動パターン分析に基づいたマーケティングソリューションを提供していく。

東京都内にある楽天の小売店舗
東京都内にある楽天の小売店舗

楽天が、シンガポールに拠点を置くAI企業「スクリーム・テクノロジーズ(SQREEM Technologies)」と楽天スクリームを設立した。日本の広告主に向け、AIによる行動パターン分析を軸としたデジタルマーケティングソリューションを提供していく。

1億以上に及ぶ楽天会員に基づくデータの分析に、スクリーム社の持つAIテクノロジーを活用。複雑化する消費者行動をリアルタイムで捉え、広告パフォーマンスの最大化とコストの効率化を実現することで、日本市場における新たな価値の創出を図る。

代表取締役社長には楽天マーケティングジャパン傘下、リンクシェア・ジャパン代表取締役の清水竜元氏が就任した。

清水竜元氏:

楽天とスクリームの融合によって生まれる力が、日本のプログラマティック市場を次のレベルに押し上げていくことでしょう。デジタルマーケティング業界の成長の加速化に貢献できれば、と考えています。

イアン・チャップマン−バンクス(スクリーム・テクノロジーズCEO):

グーグルがウェブブラウザー「クローム(Chrome)」におけるサードパーティークッキーのサポートを2年以内に廃止すると発表したことを受け、広告主やエージェンシーはプライバシーを犯すことなく消費者を理解し、リーチするソリューションを求めています。スクリームのAIテクノロジーは、クッキーを使わずに精度の高い自動化されたデジタルメディアバイイングを実現しました。これによってGDPR(EU一般データ保護規則)はもとより、プライバシーに極めて厳格な市場にも対応できるソリューションをブランドやエージェンシーに提供できるのです。

(翻訳・編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

19 時間前

電通、ネットゼロへの野心的取り組み

今から1年前、温室効果ガス排出量を2030年までに46%削減すると発表した電通インターナショナル。その歩みは順調だ。

2021年10月22日

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年10月22日

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2021年10月22日

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。