Beau Jackson
2023年12月01日

電通メディア、新たなチーフストラテジーオフィサーが就任

カラ、アイプロスペクト、Dentsu Xの生産性向上を目指し、ハミッシュ・キニバーグ氏が新たな戦略を担っていく。

ハミッシュ・キニバーグ氏。3つのメディアエージェンシーの専門性を束ねる新たな役割を担う。
ハミッシュ・キニバーグ氏。3つのメディアエージェンシーの専門性を束ねる新たな役割を担う。

電通のメディア事業のグローバルチーフストラテジー・アンド・コンサルタンシーオフィサーに、IPGメディアブランズでグローバルチーフコンサルタンシーオフィサーを務めていたハミッシュ・キニバーグ氏が就任した。 

ロンドン在住の同氏は、電通が新設したメディア事業をグローバルに統括するエグゼクティブチームに参画する。 

今年10月、電通は新たな経営体制を発表。クリエイティブ、メディア、CXM(顧客体験管理)の「サービスライン」を「グローバルプラクティス」と改称し、それぞれに新たな責任者を任命した。 

キニバーグ氏は、メディア事業のグローバルプラクティスプレジデントを務めるウィル・スウェイン氏の直属となる。その責務はカラ、アイプロスペクト、Dentsu Xの生産性を上げる戦略構築だ。 

また、世界各地の戦略、インサイト、プランニング、効率性、コンサルタンシー担当責任者はキニバーグ氏の直属となる。 

「電通のオファーはこれまで業界になかった類のもの。クライアントの目標達成だけでなく、我々の統合や専門性、日本的伝統へのアプローチという意味でも非常にエキサイティングなビジョンです」とキニバーグ氏。 

「この業界は今、変革に直面し、ビジネスチャンスにあふれている。そのようなエキサイティングな時期に電通の新しいチームと仕事をできることを、とても楽しみにしています。電通グループ内で横断的にコラボレーションを実行し、ビジネス的成功とともに社会的利益も実現していきたい」(同氏) 

キニバーグ氏は昨年9月、IPGメディアブランズを退社。同社ではグローバルチーフコンサルタンシーオフィサーの役職を約1年半にわたって務めた。 

それ以前は、ユニバーサル・マッキャンに14年間在籍。当初はEMEA(欧州・中東・アフリカ)担当チーフストラテジーオフィサーを務め、2013年から21年にかけてはグローバルチーフストラテジーオフィサーを務めた。 

同氏の就任を受け、スウェイン氏は以下のように語る。「メディア業界は今、極めて重要な時期を迎えている。業界は驚くべき速さで変化しつつあり、クライアントのエージェンシーに対する見方やパートナーシップのあり方も変わりつつあります」 

「ハミッシュをこの時期に電通チームに迎えられるのは、実に喜ばしい。戦略とコンサルタンシーにおける豊かな経験を弊社で生かし、クライアントの新たな可能性を切り開いて、持続可能な力強い成長を推進してくれるでしょう」 

(文:ボー・ジャクソン 翻訳・編集:水野龍哉) 

タグ

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:アップル製品にChatGPT搭載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

「AIはクリエイティビティーを強化」 マーク・リードWPP CEO

AIの時代となりつつある現在。大手エージェンシートップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕を前に、WPPのマーク・リードCEOが綴る。

4 日前

プライド月間のマーケティング施策、慎重姿勢が強まる

プライド月間が始まったが、企業の参加は減少すると予想される。

2024年6月12日

「消費者はモルモットになるべきではない」 性急なAI導入に広告業界が警鐘

グーグルが、AIの不正確性で再び苦境に立たされている。検索結果を要約するAI製品に広告が間もなく掲載されることから、デジタル広告会社の幹部はテクノロジー業界に開発競争のペースを落とすよう促す。