David Blecken
2018年11月01日

電通、ネット広告を強化 セプテーニHDに出資

電通が目指すのはデジタルマーケティングとビジネスサービスにおける競争力の向上だ。

東京の電通本社(写真提供:Shutterstock)
東京の電通本社(写真提供:Shutterstock)

電通がデジタルマーケティングのセプテーニ・ホールディングスと資本業務提携を締結したと発表した。TOB(株式公開買い付け)により20.99%の株式を取得する。取得総額は69億円になる見通しで、買い付け期間は12月11日までの予定。

セプテーニは東京証券取引所ジャスダック上場。1990年、人材コンサルティング会社としてスタートし、2000年に現在の中核事業であるインターネット広告を始めた。ほかにもソーシャルメディアマーケティングやアプリ開発、マンガコンテンツの制作に注力する。

電通は公開買い付けに関する文書の中で、電通デジタルの競争力強化を挙げる。顧客の抱える「経営課題や事業課題は複雑化」しており、ビジネスデザインやクライアントマネジメント、事業開発でのサービス力強化を掲げる。その一環としてCRM(顧客管理)やマーケティングオートメーション、データベースコンサルティングといった顧客の事業課題解決に向け、テクノロジー面の向上を図る。

更に、セプテーニが成熟市場への対応とコモディティ化という課題に直面し、電通は約6000社の顧客チャンネルを有することに言及。今後はネットマーケティング事業における販売・コンサルティング・クリエイティブ力の強化、インターネットメディアの開発・強化、マンガコンテンツ事業のプロモーション、セキュリティー対応などのシステム面、M&Aなどを含めた投融資資金などでセプテーニに投資を行っていく。

セプテーニは2016年、東南アジア市場におけるリーチ拡大のためマレーシアを拠点とするデジタルクリエイティブエージェンシー「ライオン&ライオン(Lion&Lion)」を買収した。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年9月17日

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

2020年9月16日

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

2020年9月16日

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。