Gideon Spanier
2020年6月02日

DAN、Q2は収益15〜20%減を予測

電通イージス・ネットワーク(DAN)の第2四半期業績予想を、CFOが語った。他のグローバルエージェンシーよりはダメージが少ない見込みだ。

DAN、Q2は収益15〜20%減を予測

DANの今年度第2四半期の収益は15〜20%減となる見通しだ。これは決して「最悪の数字」ではなく、明るい兆候も示す。

同社で長年CFO(チーフ・フィナンシャル・オフィサー)を務めるニック・プライデー氏は、「6月の業績は4・5月同様、極端な落ち込みはなさそう。コロナ危機の影響で、第2四半期がオーガニック成長率の底値になるだろう」と語った。

コロナ禍が第2四半期に与える影響に関し、同氏の発言は「ビッグ6(世界6大エージェンシー)」の中でこれまでのところ最も明快なものだ。

バークレイズやUBSといった世界の主要投資銀行のアナリストは、「WPPなど主要エージェンシーの持株会社は第2四半期の収益減が25%に及ぶ可能性がある」と4月末に述べた。

またWPPも同月、可能性は極めて低いとしながらも、「最悪のシナリオとして売上総利益が35%減になることもあり得る」と年次報告書で発表した。

こうした数字に比べると、プライデー氏の予測はそれほど悲観的ではないだろう。それでも、「今年後半のV字回復は期待していない」という。

電通グループの株価は来年の利益が改善するとの期待から、大幅に上昇した。

海外事業は大幅なコスト削減

ロンドンに本社を置くDANは、昨年12月に事業簡素化のための構造計画を発表。第1四半期連結決算では初めてクリエイティブ、メディア、CRM(顧客関係管理)という3つの事業ライン別のオーガニック成長率を公表した。

それによるとCRMは3.9%増、メディアは5.9%減、クリエイティブは6.5%減。全体では3.3%減となった。

CRMで中心的な役割を果たすマークル社にとっては、「(ひと桁後半の成長を維持し)記録的な四半期となった」(プライデー氏)。「安定した複数年の契約を多くのクライアントと結んでいるので、業績は堅調だろうと予測していました」。

どの事業もコロナ禍の影響を受けたが、「マークル社は引き続き、クリエイティブやメディア分野よりも良い結果を出すでしょう」。

DANが各事業の業績を公表するのは特筆すべきことだ。他のほとんどの主要グループは全体の数字を発表するだけで、メディアやクリエイティブなど個別の業績は分からない。

コロナ禍の影響から、電通グループは国内外の事業で7%のコスト削減を打ち出した。プライデー氏は具体的な数字には言及しなかったが、国外での削減額は「国内よりも若干多い」という。

事業構造計画では、2020年と2021年に4500万ポンド(約63億円)ずつのコスト削減を予定している。

電通グループは、DDB(オムニコムグループ)のグローバルCEOを務めていたウェンディ・クラーク氏をDANのグローバルCEOに抜擢。同氏は9月よりDANの一員となる。

(文:ギデオン・スパニエ 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign UK

関連する記事

併せて読みたい

2020年7月09日

世界マーケティング短信:ソーシャルメディアの転換期

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年7月09日

Women Leading Changeアワード、受賞者発表

広告界に変革をもたらすアジア太平洋地域の女性たちが選ばれた。

2020年7月09日

ソレル卿に前言撤回させたいならば、PR業界は進化せねばならない

マーティン・ソレル卿が先日、PR業界のことを「プレスリリース」「酒浸りの接待ランチ」「アナログ」と表現し、急成長中のS4キャピタルには合わないと切り捨てた。これに猛然と反論するPR業界の言い分は、もっともだ。

2020年7月09日

ロックダウン時代の「冒険者たち」

ネット時代、「冒険家=勇気ある旅行者」の役割を担ってきたミレニアル世代。移動制限がしかれた今、彼らはどこへ向かうのか。