Gideon Spanier
2018年4月24日

WPPのCOO、グループ解体を否定

WPPの共同最高執行責任者(COO)であるマーク・リード、アンドリュー・スコットの両氏が、現体制の維持を表明した。

WPPのCOO、グループ解体を否定

マーク・リード氏はアンドリュー・スコット氏との連名で、WPPの13万人強の社員に通達を出し、マーティン・ソレル卿の衝撃的な辞任表明後も「グループは現在の傑出したスタッフとともに偉大な企業として、世界的エージェンシーとして存続していく」と言明した。

また、「先週の出来事が我が社に変化を及ぼすことは一切ない」とも付記。

アナリストはWPP傘下の調査会社やPR会社がグループから切り離されると予想するが、「クライアントはより迅速で総合的なソリューションを求めており、そうした動きは無意味。我々は互いに距離を置くのではなく、より結束しなければならない」とも。

更に、WPPは「クライアントだけでなく、フェイスブックやグーグル、マイクロソフト、アドビといったテック企業(ソレル氏がこれらを『友人だが、敵』と呼んだことはよく知られている)ともより近しい関係を構築する」と言及。「クライアントが全てのグループ会社のサービスに出来る限りシンプルにアクセスできるよう、構造とオファーの改革に努める。今後はデータとテクノロジー、クリエイティビティーをソリューションの中心に据えていく」。

4月14日、ソレル氏が個人的不正行為の申し立てにより辞任すると(本人は不正を否定)、WPPはリード氏とスコット氏を共同COOに任命。新たなCEOの選出にも着手した。

この措置に際し、WPPは責任を二分化。リード氏はクライアントや会社の運営、スタッフを司り、スコット氏は財政や業績面、グループの再編を監督する。

第1四半期の業績を報告する4月30日には、今後のより詳しい戦略を公表する予定だ。

WPPが、関連会社を含めた世界中の全スタッフ約17万人にこのようなメールを送付するのははじめてのこと。

過去には、こうしたメールはWPPの各エージェンシーのトップがそれぞれの社員に送っていた。

(文:ギデオン・スパニエ 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign UK

関連する記事

併せて読みたい

21 時間前

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

21 時間前

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

21 時間前

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

21 時間前

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。