視点

14 時間前

ほとんどの大企業が「グリーンハッシング」をしていることが判明

FTSE100のうち63%がESGの進捗状況を控えめに開示し、積極的なコミュニケーションを展開していないことが、調査で明らかになった。

15 時間前

日本に注目する、世界のスポーツ市場

アスリートたちの世界的活躍、安定性・持続可能性の高い投資環境……今、世界のスポーツ市場が日本に熱視線を送る。

2024年7月18日

あらゆるものを測定するという状況に、我々は麻痺しているのだろうか?

膨大な数の測定ツールや技術が存在する中で、マーケターは何でもかんでも測定するのではなく、ブランドの価値を高めるのに役立つ測定フレームワークを見つける必要がある。

2024年7月18日

AIによって、人間が作るPRコンテンツはプレミアム商品になるのか?

AIがかつてないスピードで膨大な量のテキストやアート、音楽を生成していくにつれて、人間が作るコンテンツは時代遅れになるのだろうか? 子どもたちにわざわざ作文の書き方を教える必要があるのか、それともAIが代わりに買いてくれるようになるのだろうか?

2024年7月18日

エージェンシーの価値を高めるには、クリエイティブの価値の主張を

クリエイティブは、成長率や利益率が低い事業だと見なされ、必要悪としてとらえられることが多い。だがこの認識が変わりつつある。

2024年7月18日

私がカンヌで体験した「セクシャルハラスメント」

今年のカンヌライオンズでフリーランスのテレビディレクター、ダグマー・ベネット氏はセクシャルハラスメントを受けた。「男性こそがこうした行為を撲滅する運動の先頭に立つべき」 −− その体験と意見を綴る。

2024年7月10日

広告業界は短尺コンテンツで勝負する必要があるのか?

カンヌライオンズのFilm部門で審査委員長を務めたトア・ミレン氏は会期中に、短尺動画の活用を広告業界に訴えていた。

2024年7月04日

カンヌ審査委員たちは、「AI」をどう評価したのか

広告業界でも、AIを活用したキャンペーンが話題だ。今年のカンヌライオンズで、審査委員たちはその価値や影響力をどう判断したのか。選考の現場からの声をレポートする。

2024年7月04日

広告界のトランスジェンダーは、職場で必要なサポートを受けているか?

自分らしく生きたいと願う人にとって、トランスジェンダーであることをカミングアウトすることは怖いことかもしれない。OMGに勤める2人のトランスジェンダー当事者に、支援的なオフィス環境や、ポリシーの重要性、同僚からのアライシップについて話を聞いた。

2024年6月25日

アジア勢はカンヌで存在感を高めることができるか?

今年のカンヌ映画祭におけるアジア勢の存在感の低さを、イアン・ウィテカー氏が指摘。アジア勢の存在感を高めることが、すべての人々により良い学びの機会となり得る理由を語る。

2024年6月25日

「人間性の回復」をサポートする、AI

AIは人の文化にどのような影響を及ぼすのか。その活用次第では、我々が失いつつある人間性を取り戻せるかもしれない。

2024年6月19日

「AIがクリエイティブの精度向上を促す」 フィリップ・クラコフスキー IPG CEO

AIの時代に、大手エージェンシーのトップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。今回はインターパブリック・グループのフィリップ・クラコフスキーCEOが登場する。

2024年6月19日

「感情的な深みをクリエイティビティーで追求」 五十嵐博 電通グループ代表執行役社長 グローバルCEO

AIの時代に、大手エージェンシーのトップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。電通グループの五十嵐博社長が語る。

2024年6月19日

「AIとともに向上し、AIよりも優れた存在に」 ヤニック・ボロレ ハヴァスCEO

大手エージェンシーグループのトップは、AIの時代におけるクリエイティビティーをどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕に合わせたシリーズ、今回の寄稿者はハヴァスグループCEO、ヤニック・ボロレ氏だ。

2024年6月19日

「人間とマシンの融合で、より良いアイデアが生まれる」 ジョン・レン オムニコムCEO

AIの時代に、大手エージェンシーのトップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。オムニコムのジョン・レンCEOに聞く。

2024年6月12日

「AIはクリエイティビティーを強化」 マーク・リードWPP CEO

AIの時代となりつつある現在。大手エージェンシートップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕を前に、WPPのマーク・リードCEOが綴る。

2024年6月12日

プライド月間のマーケティング施策、慎重姿勢が強まる

プライド月間が始まったが、企業の参加は減少すると予想される。

2024年6月05日

ブランドは「オーバー50」を狙え

年を取ることは新しい発想の妨げではなく、創造的資産 ―― 英エクスペリエンスエージェンシーの創業者が、エイジズム(年齢差別)の弊害を説く。

2024年6月05日

2024年のプライド月間、必要なのは勇敢なアライ

LGBTQ+コミュニティーを支えるアライになろうという企業は、ぜひ腰を据えて取り組んでほしいと、ハワード・プルチン・ラモス氏は語る。

2024年6月04日

今年のプライド月間、ブランドの取り組みは控えめ

プライド月間に関連したプロジェクトは減少し、クライアントから計画についての連絡が来ていないことが、エージェンシーへの取材で明らかになった。