視点

3 日前

広告は誰のためのものか忘れていないか

アイデアに溢れ、深く考え抜かれ、そしてそれが正義を体現しているとき、広告はある種の公共サービスとなる。

3 日前

アドバンストTVでマーケターが成功するには

ATV(アドバンスドTV)がAPAC(アジア太平洋地域)で爆発的な成長を続けている。ATV広告を成功へと導きたければ、マーケターはその3つの特徴に注目すべきだろう。

3 日前

「韓流」、その大いなる経済効果

韓国のソフトパワーの勢いが止まらない。その効果は様々な国内産プロダクトにも波及。韓国政府が描いた戦略と、その軌跡を辿る。

2022年7月22日

カンヌライオンズから学ぶ:メタバースの鍵となるのは何か

RGAオーストラリアのクリエイティブ責任者によると、メタバースが秘める包摂性のポテンシャルは計り知れず、その意味で、メタバースは現実世界より、実ははるかに「人間的」なのだという。

2022年6月24日

Z世代がブランドに求める3つのこと

Z世代の関心を惹きたいブランドに、当のZ世代は何を期待しているのか。デブリーズ・グローバル(DeVries Global)のシンガポール支社でコンサルタントを務めるゴードン・チュア氏が、Z世代の視点について語った。

2022年6月16日

作品よりも、それがもたらす影響に注目すべき時がきた

単に作品を作るということと、変化を生み出す作品を作るということでは、全く意味が違う。クリエイティブ業界は、前者ではなく、後者をこそ重視すべきだ。

2022年6月02日

ブランドパーパスをウォークウォッシュと批判されないためには?

インフルエンサーマーケティングを通じて、ポジティブで社会的な意識を広めることは、ブランドへの信頼とエンゲージメントを築くための効果的なアプローチだ。ただし、こうしたキャンペーンが実質的な内容を伴わなければ、かえって顧客の離反を招く恐れがあると、INCAのアーサー・アルトゥニアン氏は警告する。

2022年5月12日

苦難の時代、メディアのクリエイティビティが正義の力となる

カンヌライオンズ、メディア部門の審査員長によると、ロシアによるウクライナ侵攻が始まって以降、メディアの社会的影響力が増大しているという。

2022年4月15日

人材枯渇の現実:その人材戦略は正しいのか

アーキタイプ(Archetype)でAPAC(アジア太平洋地域)を率いるリー・ニュージェント氏は、優秀な人材を求める際、業界の枠内や従来の採用条件から視野を広げて考えることのメリットを説く。

2022年4月15日

Twitterの編集ボタンは、ブランドにとって是か非か?

Twitterの「編集」ボタンの導入意向が明らかとなった。編集ボタンの導入と、それがブランドの説明責任に与える影響について、エージェンシー各社に意見を聞いた。

2022年4月01日

メタバースはクリエイティブの「ルネサンス」か?

メタバースは、テレビやデジタルの時代がそうだった様に、クリエイティブに「ルネサンス」をもたらすだろう。ただし、それにはまず、私たちがそれに夢中になる必要がある。

2022年4月01日

生活のダウンシフト志向にブランドはどう対応すべきか?

有意義な生き方を追求するために、出世競争から離脱したいと考える人が増えている。ブランドはそのような人々にどう向き合えば良いのだろうか?

2022年4月01日

ブランド成長のカギ 第3の性「ノンバイナリー」

アパレルショップに足を踏み入れ、男女別にフロアが分かれていることに疑問を抱く人はあまりいないだろう。だが、こうしたレイアウトは「次世代の消費者」にとって納得のいくものなのだろうか。

2022年3月25日

デジタルメディア企業がCO2排出削減に取り組むべき理由

デジタルパブリッシャーは、ゼロカーボンへの取り組みに、画期的な方法で、ますます積極的に参加するようになってきている。

2022年3月17日

メタバースは、いったいどんなマーケターに有効なのか

あなたの事業領域は、果たしてメタバースに適しているだろうか?ここに挙げた5つのチェックポイントで判断してみてほしい。

2022年3月17日

ブランドのロシア撤退は「未知の領域」:WFAトップに聞く

世界広告主連盟(WFA)の最高経営責任者を務めるステファン・ローク氏が、最近の情勢についてCampaignに語った。

2022年3月04日

スピードはクリエイターの敵か

リーダーが、クリエイターの建設的批判にもきちんと向き合うことができた場合にのみ、クリエイティビティとイノベーションは開花する。

2022年3月04日

2022年、音声ブランディングはソニックブームを引き起こすか

2022年、マーケティング業界でブームが到来しそうな、ソニック・ブランディングに関する10の予測。

2022年2月25日

人のアイデンティティは一つではない

消費者の、複数のアイデンティティの間にある対立や葛藤を理解することは、ブランドが先行者利益や長期的顧客ロイヤルティを獲得するのに役立つ。

2022年2月17日

『ドント・ルック・アップ』のジェニファー・ローレンスが、メディアトレーニングを受けていたら

Netflix映画『ドント・ルック・アップ』で、大学院生のケイトはテレビ出演中に「オオカミ少年」のレッテルを貼られ、逆上してしまう。PRエージェンシー、ベロ(Vero)のストーリーテリングディレクターは、ケイトが世界を救うためのアドバイスを授ける。