Campaign staff
2018年3月01日

誰もがCMを制作できる自動車販売サイト

豪州の中古車販売サイト「カーセールス」では、1.2兆本ものCM制作が可能なのだとか。

CampaignでCMを取り上げる際には通常、作品のあらゆるバリエーションを見るようにしている。だがこの作品は、そんなことは到底できそうにない。

同社サイト上で中古車販売情報を掲載する全ての売り手が、「高級感の漂うユニークな自動車CM」を制作して掲載できるようにしたのだ。

この「AutoAds」キャンペーンを開発したのは、CHEプロキシミティ(本拠地:メルボルン)だ。数百本の動画や数千本のナレーションをあらかじめ用意し、これと売り手が投稿した情報や写真を巧みに組み合わせることで映像を制作するというもの。組み合わせ方を変えることで、理論上は1.2兆通りものバリエーションを作ることが可能なのだと、同社担当者は話す。

売り手には「アドベンチャー」「家族」「タフ」「ラグジュアリー」「都会」のテーマの中から、5本の40秒CMが届く。この中から好きなものを選び、フェイスブックに掲載することができるという仕組みだ。

以下に、いくつかのサンプル作品をご紹介する。









Campaignの視点:
制作されたCMは単に「かろうじて鑑賞に堪える」といったレベルでなく、見ていて楽しい作品に仕上がっており、感銘を受けた。クリエイティブ領域で人工知能の技術をどのように活用できるかを、証明した取り組みといえるだろう。

(翻訳・編集:田崎亮子)

関連する記事

併せて読みたい

Premium
Campaignが見た「アドバタイジングウィーク・アジア2018」(パート2)
Premium
2 日前

Campaignが見た「アドバタイジングウィーク・アジア2018」(パート2)

3年連続の都内での開催となった「アドバタイジングウィーク・アジア2018」。5月15日のセッションから、Campaignが注目したテーマをご紹介する。

Premium
世界マーケティング短信: WFA憲章、電通決算、WPPの混乱
Premium
2 日前

世界マーケティング短信: WFA憲章、電通決算、WPPの混乱

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをまとめてお届けする。

Premium
Campaignが見た「アドバタイジングウィーク・アジア2018」(パート1)
Premium
2 日前

Campaignが見た「アドバタイジングウィーク・アジア2018」(パート1)

3年連続の都内での開催となった「アドバタイジングウィーク・アジア2018」。5月16日のセッションから、Campaignが注目したテーマをご紹介する。

Premium
電通vs博報堂、CEOの対話:アドバタイジングウィーク・アジア2018
Premium
4 日前

電通vs博報堂、CEOの対話:アドバタイジングウィーク・アジア2018

歴史的とも言える両者のセッション。いくつかの重要テーマには触れなかったが、日本で最も影響力がある両社トップの意気が垣間見えた。