Jessica Goodfellow
2019年11月12日

アクセンチュアがフィヨルド東京を開設

東京オフィス開設によって、フィヨルドの拠点は世界33カ所になる。

フィヨルド東京のデザインチーム
フィヨルド東京のデザインチーム

アクセンチュアが都内に、デザインスタジオ「Fjord Tokyo(フィヨルド東京)」を開設した。

フィヨルドは2001年に英国で創業し、2013年にアクセンチュア インタラクティブ グループに加わった。世界33カ所のスタジオには1,200名以上のデザイナーを擁しており、主なクライアントにはロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、フィンランド航空、オーリス・ヘルス社(ジョンソン&ジョンソンのグループ企業)などがある。

初めての国内拠点となるフィヨルド東京は、アクセンチュア インタラクティブ スタジオ東京(麻布)内に、11月11日付で開設された。代表(共同統括)は、番所浩平氏とエドアルド・クランツ氏。デザイン主導の戦略やサービスデザイン、企業体質の改善に向けた組織づくり、企業文化の変革などを支援していく。

「世界中からフィヨルド東京に集まったデザイナーは、スキルやバックグラウンドは多様でも、『日本の生活をより良くしたい』という情熱は共通しています」と番所氏はプレスリリース内でコメント。「日本が築いてきた『Made in Japan』というブランドをさらに世界標準へ引き上げ、東京から世界トップレベルのサービスを発信していきます」

また、アクセンチュア インタラクティブ グループの日本統括である黒川順一郎氏は「Fjordが、企業の先にある生活者の体験をデザインすることで、アクセンチュア インタラクティブは、人々の生活にインパクトを与えるようなビジネス創出を支援していくことができます」と述べている。

(文:ジェシカ・グッドフェロー、翻訳・編集:田崎亮子)

関連する記事

併せて読みたい

5 時間前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

1 日前

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

1 日前

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。