Staff Reporters
2020年2月27日

マインドシェア・ジャパン、新MDを指名

新たな人事では社内のスタッフがマネージングディレクター(MD)に昇格。韓国のMDは兼任しない。

村山有美氏
村山有美氏

マインドシェア・ジャパンは3月1日付で村山有美氏がMDに昇格すると発表した。同氏はこれまで5年間、国内外の事業でリーダーシップを発揮。今後はマインドシェアのアジア太平洋地域役員会、グループエム・ジャパンの取締役会に加わる。

前職のケビン・ルーニー氏(現在はグループエム傘下のエージェンシー、m/SIXのアジア太平洋担当CEO)は日本・韓国のMDを務めていたが、村山氏の管轄は日本のみ。マインドシェア・コリアは引き続きドナ・キム氏がMDを務める。

村山氏はメディアコムでプランナーを4年間務めた後、マインドシェアに転属。自動車や日用消費財、高級ブランド、旅行といった幅広い業界の内外クライアントを担当した。

同氏はプレスリリースで以下のように語る。「日本のMDという重責を担っていくことに心を躍らせています。ビジネスの新たな手法を絶えず探りながら、現状に甘んじることなく、インスピレーションの創出というマインドシェアの価値を維持していきたい。私の1年目の責務は、クライアントのニーズを中心に据えた強固なビジネスストラクチャーを築き上げ、社員が最善の結果を出せる機会を創出すること」。

マインドシェア・アジア太平洋地域担当CEOのアムリタ・ランダワ氏は、社内の人材がMDになることを「率直に喜ばしい」と語り、村山氏が「会社のために労を惜しまず、戦略的に長けたリーダー」と指摘する。

近年、マインドシェア・ジャパンのトップは短い期間で交代を繰り返してきた。日本と韓国のMDを1年余り務めたルーニー氏は昨夏豪州に移り、m/SIXへ。その1年前に日本のMDに就任した斎藤謙一氏もグループエムに転じた。さらに、その前職で日本・韓国のMDだったスティーブン・バーコフ氏も1年余りで米国に帰国している。

(文:Campaign Asia-Pacific編集部 翻訳・編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

4 日前

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。

4 日前

APACのブランドセーフティ指標が大きく改善:ダブルベリファイ調査

ダブルベリファイの調査によれば、APACではモバイルアプリ広告の品質も向上している。また、アドフラウドが減少し、動画広告のビューアビリティが向上したことも確認された。ただし、ディスプレイ広告のビューアビリティはやや低下している。