David Blecken
2017年9月04日

マッキャンに新社長が就任

新しいリーダーには、中国と米国でキャリアを積んだTBWA HAKUHODOの森浩昭氏が選ばれた。

森浩昭氏
森浩昭氏

マッキャン・ワールドグループホールディングスは、マッキャン・ジャパンの新しい代表取締役社長兼CEOに森浩昭氏が就任したと発表した。森氏の前職はTBWA HAKUHODO中国の会長兼COO(最高執行責任者)。3月に退任した片木康行氏の後任として指揮をとる。

森氏は博報堂でキャリアをスタート。ロサンゼルスのTBWAシャイアット・デイ(TBWA\Chiat\Day)で経験を積んだ後、日本のTBWA HAKUHODOに出向。中国では広州・北京・成都オフィスを統括した。

日本法人マッキャン・ワールドグループ代表取締役社長でアジアパシフィックのプレジデントも務めるチャールズ・カデル氏は、声明の中で森氏を「真のグローバリスト」と称賛。森氏は今後東京を拠点としていくが、「大阪も定期的に訪れる予定」(マッキャン広報部)。同氏は、大阪オフィスの存在はマッキャンが「日系企業にコミットしている表れの1つ」と述べる。

また「TBWA HAKUHODO中国での経験から、“外国人プレイヤー”は現地市場を深く理解し、地元企業から愛されることが大きな相違点になると確信しています」とも。

Campaignは片木氏がADKに加わったという情報を得ているが、同社広報はまだそれを認めていない。

日本のマッキャンは社員や将来の有望な人材に向けて社の魅力を最大限高めようと、オフィスの全面的な改修や職場の方針の見直しといった変革の最中にある。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

Premium
ラグビーW杯にのぞむ日本ブランド
Premium
1 日前

ラグビーW杯にのぞむ日本ブランド

ラグビーワールドカップ2019日本大会がいよいよ今日、開幕する。ブランドにとっては来年の東京五輪への「予行演習」という見方もあるが、大会を支える日本企業スポンサーはどのような活動を予定しているのか。最新の動きをまとめた。

Premium
アドテク発展の歴史と未来
Premium
2019年9月12日

アドテク発展の歴史と未来

1990年代半ばにインターネットが一般社会へと普及して以降、そのテクノロジーの発展と共に私たちの生活は劇的に変化した。そんなインターネットの進化と共に、大きく変化し続けてきたのがデジタル広告だ。

Premium
マッキャン・ワールドグループ、新CEOを発表
Premium
2019年9月09日

マッキャン・ワールドグループ、新CEOを発表

チャールズ・カデル現CEOの後任として、アントニー・カンディー氏が10月1日付で就任する。

Premium
香港デモの武器として活用された新聞広告
Premium
2019年9月06日

香港デモの武器として活用された新聞広告

民主化運動では長らく、さまざまな団体が自分たちの意見や要求を訴えるため、広告という手段を用いてきた。そして多くの場合、好まれるのは印刷媒体だ。