David Blecken
2017年7月20日

モバイルフレンドリーなブランドから学ぶこと

フリーマーケット・アプリの最大手「メルカリ」が、日本で最もモバイル体験を理解しているブランドに選ばれた。

モバイルフレンドリーなブランドから学ぶこと

インターパブリック・グループ(IPG)傘下のモバイルマーケティング・エージェンシー「アンシブル(Ansible)」社が、モバイル体験を提供する世界3500ブランドを対象に行う調査「モバイルインデックス」。その最新結果が発表され、国内で最もモバイルマーケティングに長けたブランドのトップ3はメルカリ、アマゾン、そしてドミノ・ピザとなった。これらに次いで4位となったのは、意外にもオランダのデニムブランド「ジースターロウ(G-Star Raw)」。更に、コーチ(Coach)、富士フィルム、アディダス、ソフトバンク、ピザハット、ソニーと続いた。

世界ランキングに目を向けると、ターゲット(米小売大手)、アマゾン、エクスペディア、エアビーアンドビー(Airbnb)、マイクロソフト、アゴダ(Agoda、ホテル予約サイト)、ラザダ(Lazada、東南アジア最大のオンラインマーケット)、ボーダフォン、アディダス、ネットフリックスがトップ10入り。今回の調査は、「見つけやすさ」「モバイルの最適化」「ナビゲーションとコンテンツの質」「ユーティリティ及びユーザビリティ」「ユーザーが望んだ行動にどれだけ直結するか」という5つのカテゴリーで、38万以上のデータポイントをベースに採点したもの。

トップ10にランクインしたブランドと他ブランドとの相違点は何だったのか。IPGメディアブランズのアジア太平洋地域担当チーフ・デジタルオフィサー、スコット・マクブライド氏に尋ねた。
同氏はまず、メルカリ、アマゾン、ドミノ・ピザ、ジースターロウのどれもが「モバイルユーザーに優れた価値を提供している」と指摘。金銭的な価値のみならず、ホームページ上の商品やプロモーションの表示の仕方、ユーザーレビューの有益性、支払いページの記入のしやすさなど、ディスプレイを含めた価値を意味する。日本のトップ10圏外のブランドは、製品の価値をアピールする点では決して見劣りしないものの、購入プロセスが複雑だったり、どこから購入ページに入っていくのかが分かりにくかったりしたという。

「日本の消費者がモバイルに期待しているのは他国の消費者と何ら変わらず、エキサイティングで、煩雑でないことです」。モバイル広告に対するブランドの支出意欲は高く、市場調査会社「eマーケター」によれば支出額は8010億円を超え、デジタル広告全体のほぼ7割を占める。「日本のブランドは明らかに、モバイルを通してユーザーとの関係を構築しようとしています」とマクブライド氏。
だが、全てのブランドがモバイルの活用法を十分に会得しているわけではない。例えば、楽天モバイルはトップ10に入らなかった。多くの国内ブランドは基本的要素を押えてはいるものの、「本質的なユーザー体験の提供という点で劣っています」。

ただし、ユーティリティとユーザビリティに関して日本のブランドはアジア太平洋地域の中で突出しており、その中央値は25.6点だった。「上質のプロモーションや高度な検索機能、有益なユーザーレビューといった、消費者がすぐに行動を起こしたくなるような価値を多くのブランドが提供している証しです」。

「一般論ですが、ブランドは消費者がモバイルで簡単にブランドと関係を構築できるようにしなければなりません」。グーグルの調査で、モバイルサイトを訪れた人のほぼ半分は、3秒以内にページが読み込まれなければそのサイトを離れるという結果が出たという。「これは非常に重要なポイントで、アジア太平洋地域の多くのブランドにとって、このハードルを超えるのは容易ではありませんでした」。

最後に同氏は、「購買プロセスを簡素化すべき」とブランドに助言する。これはクリックトゥーコールやライブチャット、分かりやすいナビゲーションメニューといった機能も含めての意だ。更にコンテンツからコンテンツへの切り替えや、書式への記入を「ユーザーが迷わず簡単にできるような配慮が必要です」。

(文:デイビッド・ブレッケン  翻訳:高野みどり  編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

Premium
「就職活動をもっと自由に」 就活生を勇気付けるパンテーンの広告
Premium
8 時間前

「就職活動をもっと自由に」 就活生を勇気付けるパンテーンの広告

企業面接には、周りと同じような髪型で臨まなくてはならない――このように信じられてきた就職活動に、シャンプーブランドが一石を投じる。

Premium
広告界の日常をありのままに、そして可笑しく描くCM
Premium
1 日前

広告界の日常をありのままに、そして可笑しく描くCM

豪州のエージェンシーによるCMが、広告制作のキャリアにおける「トラウマ」を明らかにした。

Premium
インスタグラムを活用、タグ・ホイヤーのJリーグチケットキャンペーン
Premium
2 日前

インスタグラムを活用、タグ・ホイヤーのJリーグチケットキャンペーン

スイス高級時計メーカーの新たなキャンペーンは、単純明快で楽しさ溢れるものだ。

Premium
「築地ブランド」の未来
Premium
2018年10月12日

「築地ブランド」の未来

都内有数の「文化資産」である築地市場が豊洲へと移転した。都はそのブランド力の維持に努めるというが、明確な戦略は見えない。