Lucy Shelley
2024年1月31日

大半のマーケターが、顧客データにアクセスしづらいと感じている

新たな調査によるとマーケターの81%が、キャンペーンに反映させるための顧客データにアクセスできていない。ツールやユーザーとの接点は増えているにもかかわらずだ。

写真: Getty Inmages.
写真: Getty Inmages.

* 自動翻訳した記事に、編集を加えています。

BtoCマーケターは、オーディエンス理解の目指す姿から乖離しており、その原因の多くはデータの利用とアクセスにあるようだ。

顧客データプラットフォーム「プリンク(Plinc)」の調査によると、英国を拠点とするBtoCブランドのシニアマーケターの5人に4人以上(81%)が、キャンペーンに必要な顧客データに容易にアクセスできない。このことがフラストレーションを引き起こし、作業を厄介にし、成果にも悪影響を及ぼしていることが明らかになった。

3分の2近く(61.5%)が、中核となる顧客のデータ更新の頻度は週1回またはそれ以下であり、キャンペーンの関連性と影響力の低下につながっていると回答した。

フラストレーションの多い作業は、マーケターのストレスに拍車をかけている。特にピッチプロセスでは、マーケターの半数(50%)が燃え尽きている

15年ぶりの高インフレで事業のコストが高騰し、消費者が支払う価格も上昇している中で、パーソナライゼーションは顧客維持率を高める要となっている。しかし、ばらばらでアクセスしにくい顧客データは、こうした取り組みに影響を及ぼしている。5分の2以上(44%)が、自社のパーソナライゼーションは洗練されておらず、キャンペーンの効果にも影響を与えていると回答した。

顧客マーケティングが事業成長に与える影響を、上層部が認識していると強く信じているマーケターはわずか23%で、最大のストレス源は「予算を守るために価値を証明すること」だという。リソースと資金の不足が事業成長を妨げていると、3分の2以上(68%)が回答した。

リソースの不足によって、顧客ファーストのアプローチを実現するにはまだ4年以上かかると、マーケターの3分の1以上(36%)が認めている。

「突き詰めていくと、顧客マーケティングを不確実性や課題、ストレス要因に満ちたものにしているのは、顧客データにアクセスできないこと」と、プリンクの最高戦略責任者であるスチュアート・ラッセル氏は述べる。だが「マーケターの夜も眠れないような不安を、軽減する方法はあります」とも。

「それは、顧客データの幅広い価値について、マーケターが企業を教育することから始まります。マーケティング活動のためだけでなく、商品開発、顧客体験の取り組み、顧客サポート、そしてその先に至るまでです。真の『顧客ファースト』の精神を企業全体に浸透させることで、マーケターはキャンペーンを最適化することができ、同時に事業への影響も実証することができるのです」。

もちろん、すべての(優れた)BtoCブランドは顧客を大切にしているが、それで必ずしも顧客ファーストにはならない。今日のほとんどのビジネスは顧客主導であると、このレポートは主張する。

そして、このように結論づけている。 「顧客ファーストのアプローチを目指すのであれば、機敏性を高めることに重点を置くべきです。貴重なインサイトを引き出し、それに基づいて迅速に行動し、プログラムを最適化することこそが、真にデータドリブンなマーケティングを実現する唯一の方法です」。

提供:
Performance Marketing World

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

パワーリスト2024:濱松幹昌(日産自動車)

日産自動車の革新的な精神を、戦略的なキャンペーンやパートナーシップを通じて打ち出してきた濱松幹昌氏は、ブランドの存在感を世界的に高めている。

1 日前

パワーリスト2024:河野奈保(楽天)

楽天のビジネスを躍進させ、ブランド認知度を大きく高めた河野氏。昨年はエコシステムへのAIの統合にも尽力した。

1 日前

パワーリスト2024:岡本達也(味の素)

岡本達也氏はイノベーションと戦略を融合させ、味の素らしい価値提供やインパクトの向上をグローバルで強化している。

2024年5月17日

パワーリスト2024:「APACベストマーケター50」に選ばれた日本人

Campaign Asia-Pacificが毎年、アジア太平洋地域(APAC)の傑出したマーケターを選ぶ「パワーリスト(Power List)」。今年は日本から5名が選出された。