David Blecken
2017年5月11日

日本のスタートアップ向けコンサル、米国進出の理由

博報堂傘下のQUANTUMはサンフランシスコの新拠点で、より多くのスタートアップを日本企業とつなげようとしている。

井上裕太氏
井上裕太氏

スタートアップと大企業を結ぶTBWA HAKUHODOの子会社「QUANTUM(クオンタム)」が、サンフランシスコに初の海外拠点「QUANTUM GLOBAL」を設立した。

TBWA HAKUHODOは昨年、広告・コミュニケーション領域を超えたコンサルティングサービスを提供するため、クオンタムを設立。TBWAの世界的なネットワークや博報堂の国際的なパートナーシップといった経営資源を活用し、スタートアップと大企業を橋渡しする。改革や拡大を目指して試行錯誤する日本企業と、世界のスタートアップのコラボレーションが、双方にメリットのあるものとなるよう促すことが目的だ。また、スタートアップの手法が、企業の機能を見直すきっかけにもなると考えている。

クライアントの1社であるパナソニックとは昨年から、社内イノベーションを活性化させるプログラム「ゲームチェンジャー・カタパルト」に取り組む。パナソニックは、社内公募で選ばれた8の事業アイデアを「サウス・バイ・サウスウェスト2017(SXSW 2017)」にて公開した。さらに、オープンアクセス型DIY工房「テックショップ」と富士通の協働や、オンライン英会話「キャンブリー」の日本進出などにも携わる。

設立当初からの主要メンバーで、現在はQUANTUM GLOBALの社長も務める井上裕太氏によると、米国進出は日米双方からの需要があったためだという。「日本企業によるイノベーションを世界市場に発信するサポートと、米国のスタートアップが日本に進出する際の支援において、当社はすでに米国で活動してきました。しかし、急激に拡大する需要に対応するため、サンフランシスコのベイエリアを拠点とするリソースへのアクセスが不可欠になったのです」。井上氏は今後、サンフランシスコと東京で半々の勤務となる。TBWAの広報担当者によれば、クオンタムのサンフランシスコ拠点は少数精鋭体制で、チーフエンジニアを含むメンバーたちも2カ国の拠点を行き来する形になるとのことだ。

新鋭のスタートアップとは、多くの意味で対極にある日本の大企業。異質なもの同士が提携することで、新しい技術や、スピード感のある柔軟な働き方を取り込むことにつながる。さらに「日本のビジネスリーダーは、AI(人工知能)やIoT、ブロックチェーン技術など、レバレッジ効果が高い新技術を渇望しています」と話す。そのため日本企業は、オープンイノベーションの原理を加速度的に受け入れ始めている。

「スタートアップとのオープンイノベーションにより、企業は仕事のやり方を変え、組織のスピードを上げることができます」と井上氏。「一方で、日本進出を考える海外のスタートアップにとって、日本企業とのパートナーシップは、収益面や採用、日本独自のビジネスや消費者を理解する上で助けとなり、最も効率的なのです」

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:高野みどり 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

17 時間前

「40 Under 40」、2020年のエントリー開始

アジア太平洋地域の若き才能を選出する「40 Under 40」、8年目を迎えた2020年度のエントリーがいよいよ始まりました。

4 日前

世界マーケティング短信:激しさを増す駆け引き

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

ミレニアル世代と祖父母をつなぐ、「マゴ写レター」

「普段なかなか会えないおじいちゃんやおばあちゃんに、スマホから写真付き往復はがきを送ろう」 −− 日本郵便が、敬老の日に因んだ新しいコミュニケーションサービスを開始した。

2020年9月23日

LGBTQIA+が見た日本社会

海外から日本に赴任したLGBTQIA+の人々は、日々どのような体験をし、どのような思いを抱いているのか。あるテクノロジー企業で働く米国人エグゼクティブが、カミングアウトの経験や文化・宗教的相違点などを語る。