ニュース

Premium
JAL、グローバルマーケティング部を新設
Premium
11 時間前

JAL、グローバルマーケティング部を新設

2020東京五輪を見据え、日本航空がグローバルマーケティングを強化する。

Premium
「地球へようこそ」 無名航空会社の奇抜なCF
Premium
18 時間前

「地球へようこそ」 無名航空会社の奇抜なCF

航空会社の広告が退屈である必要はない。ロシアの無名企業がユニークなキャンペーンを公開した。

Premium
ピエール瀧の逮捕で相次ぐ自粛
Premium
4 日前

ピエール瀧の逮捕で相次ぐ自粛

ピエール瀧の薬物逮捕を受けて、LIXIL、セガ、NHK、ディズニーなどのブランドが対応に追われている。

Premium
CFOとマーケターの間にあるギャップ
Premium
2019年3月14日

CFOとマーケターの間にあるギャップ

チーフ・フィナンシャル・オフィサー(CFO、最高財務責任者)とチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)はいまだにやや相互不信で、企業目標に対する食い違いもあるが、そのギャップは縮まりつつある −− Campaignとカンターによる共同調査でこのような結果が出た。

Premium
エージェンシーの新サービスの多くを、クライアントは必要としていないようだ
Premium
2019年3月14日

エージェンシーの新サービスの多くを、クライアントは必要としていないようだ

エージェンシーは高機能なサービスを幅広く提供しようと努めているが、ブランドがエージェンシーの仕事の中で最も付加価値が高いと考えているのは、依然としてクリエイティブワークだということが、Campaignとカンター(Kantar)による新しい調査から明らかになった。

Premium
カイトウィール、スーパードライブと提携しアジアへ進出
Premium
2019年3月12日

カイトウィール、スーパードライブと提携しアジアへ進出

アジア太平洋地域でコンシューマージャーニー統合サービスを提供すべく、2社が提携する。

Premium
「マーケターの価値を明らかに」 マーケターキャリア協会が設立
Premium
2019年3月11日

「マーケターの価値を明らかに」 マーケターキャリア協会が設立

「マーケターが、マーケターを、マーケティングする」ための場が誕生した。

Premium
日本では未だに曖昧な、「ジェンダー平等」という概念
Premium
2019年3月06日

日本では未だに曖昧な、「ジェンダー平等」という概念

ジェンダーのバランスがとれた職場を、なぜ実現しなくてはならないのか。その意義を理解しない人が非常に多いことが、マッキャン・ワールドグループの調査で明らかに。

Premium
インターネット広告費がテレビ広告費に迫る:電通「日本の広告費」
Premium
2019年3月01日

インターネット広告費がテレビ広告費に迫る:電通「日本の広告費」

電通が「2018年 日本の広告費」を発表。インターネットとオフラインの統合や、運用型広告と動画広告の成長が顕著とのことだ。

Premium
Alt.vfx、日本にオフィスを開所
Premium
2019年2月28日

Alt.vfx、日本にオフィスを開所

ポストプロダクションやVFXを担う豪州の制作会社Alt.vfx。メジャーなイベントが続く日本が、アジアにおけるクリエイティブのハブになると見込む。

Premium
日本の「知的層」の間で信頼度が上昇:エデルマン調査
Premium
2019年2月28日

日本の「知的層」の間で信頼度が上昇:エデルマン調査

信頼度の格差が調査史上最大となった日本。だが一方で、海外における「ジャパンブランド」への信頼度は上昇している。

Premium
温泉施設のCMで織田信成が「弁天様」に
Premium
2019年2月26日

温泉施設のCMで織田信成が「弁天様」に

フィギュアスケーターの織田信成が、温泉型テーマパークの開業キャンペーンに登場。その衝撃的な姿が話題となっている。

Premium
デジタル改革に取り残されるCMO
Premium
2019年2月22日

デジタル改革に取り残されるCMO

顧客体験に対する責任を全うしてこそ、マーケターは改革の中で重要な役割を果たせるだろう。

Premium
アップル、新たなターゲットは日本の学生
Premium
2019年2月22日

アップル、新たなターゲットは日本の学生

「Behind the Mac」のキャンペーンで「人」をテーマに掲げたアップル。次は日本の若きクリエイターに照準を当てる。

Premium
電通イージス、「ブランドのインハウス化は好機」
Premium
2019年2月18日

電通イージス、「ブランドのインハウス化は好機」

電通イージス・ネットワークは、今後の投資が2021年まで営業利益を圧迫するとの見通しを投資家に報告した。

Premium
電通、オーガニック成長率は3.4%
Premium
2019年2月15日

電通、オーガニック成長率は3.4%

第4四半期(10〜12月)は中国と豪州で苦戦、アジア太平洋の業績に影響した。

Premium
ユニクロ、スポーツブランドとして一歩前進
Premium
2019年1月25日

ユニクロ、スポーツブランドとして一歩前進

ユニクロが、スウェーデンの五輪代表にウェア提供することに。020年東京五輪ならびに2022年北京冬季大会で着用される。

Premium
電通とアモビーが協業
Premium
2019年1月23日

電通とアモビーが協業

オンライン消費者行動からより深いインサイトを −− 両社が狙う層は「サイレントマジョリティー」だ。

Premium
DAN、リージョナルメディアエージェンシー再編成 レイオフも
Premium
2019年1月23日

DAN、リージョナルメディアエージェンシー再編成 レイオフも

電通イージス・ネットワークから、アジア太平洋地域(APAC)担当CEOがいなくなる。代わりに、持株会社レベルのワーキンググループが3つ編成されることに。

Premium
Airbnbと都電が、昔ながらの暮らしをプロモート
Premium
2019年1月18日

Airbnbと都電が、昔ながらの暮らしをプロモート

世界最大の巨大都市に今も残る生活文化の魅力を伝えるべく、東京都交通局とエアビーアンドビー(Airbnb)が協働する。