ニュース

1 日前

世界マーケティング短信:バイアスと生きづらさ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

Netflix CMOが語る、ニュアンスとクリエイティビティの重要性

Netflixの最高マーケティング責任者ボゾマ・セント・ジョン氏は、Adobe Experience Makers Asia 2021の聴衆に対し、マスコミュニケーションの古いルールから脱却し、ひとつのグループに焦点を当て、その声に耳を傾けるよう呼びかけた。

4 日前

アクセンチュア、CXエージェンシー「タンバリン」を買収

タンバリンはセールスフォースコマースクラウド(SCC)を活用したeコマースサイトの構築、カスタマーエクスペリエンス(CX)の創出に強みを持つ。

4 日前

APAC広告界は「ネットゼロ」を実現できるか

国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)が開催された英国では、広告業界もネットゼロ(温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすること)の目標を掲げた。こうした取り組みは、アジア太平洋地域(APAC)でも可能なのか。業界を牽引するリーダーたちに尋ねた。

2021年11月19日

世界マーケティング短信:進化するコミュニケーション業界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年11月16日

電通グループ、新社長に五十嵐博氏

電通グループは五十嵐博氏が来年1月1日付で社長執行役員(CEO)に昇格すると発表。山本敏博社長は今年12月末で退任する。また、ティム・アンドレー氏は非常勤取締役会議長となる。

2021年11月12日

世界マーケティング短信:広告界の気候変動アクション

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年11月11日

SK-IIとアンディ・ウォーホルのコラボレーションの意味

フォースマン&ボーデンフォース(Forsman & Bodenfors)が手がけるアジア向けキャンペーン「あなたの美しさを表現しよう(Broadcast Your Beauty)」は、ウォーホルの描くマスメディア、アート、商業の融合をテーマとしている。

2021年11月05日

世界マーケティング短信:変化を起こすために今できること

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年11月05日

クリエイターエコノミー:クリエイターが消費者から直接対価を得る時代

米国における調査で、ブランドがクリエイターエコノミーに参加することへの新たな可能性が見えてきた。

2021年11月05日

コカ・コーラ、マーケティング投資を拡大し、通期見通しを上方修正

飲料大手コカ・コーラは、マーケティングに対する「より効率的で効果的な」アプローチの成果が出ていると述べた。第4四半期に予定されているエージェンシーレビューの結果次第では、2022年にはさらなる施策の見直しを図る可能性があるという。

2021年11月02日

クリエイションストーリーズ:ポカリスエットと電通の「ファンタスティックジャーニー」

コロナ後の時代の若年層に向け、ブランドメッセージをどのように活性化させるか −− 大塚製薬と電通が作り出したのは、ファンタジーを彷彿させる素晴らしいテレビCMだった。制作の舞台裏に迫る。

2021年10月29日

世界マーケティング短信:アップル規制強化でオンライン広告が苦戦

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年10月29日

ブランドの未来はメタバースにある:フェイスブック幹部

フェイスブックの未来ビジョンの中核にあるのは、クリエイター、コマース、そして「次のコンピューティングプラットフォーム」だ。

2021年10月27日

電通、ネットゼロへの野心的取り組み

今から1年前、温室効果ガス排出量を2030年までに46%削減すると発表した電通インターナショナル。その歩みは順調だ。

2021年10月22日

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年10月22日

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2021年10月20日

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

2021年10月18日

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

世界マーケティング短信:働き方の大転換

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。