David Blecken
2017年11月30日

紙の可能性を最大限に引き出した、コピー用紙ブランドと「OK Go」のコラボ動画

A4サイズのコピー用紙は、人々が思っているよりも可能性を秘めている。

プリンターに入っている用紙のことなんて、今までそんなに意識したこともないという人がほとんどだろう。しかし、タイを本拠地とする世界的な製紙会社「ダブルA」が主張したいのは、「全ての紙は同じように作られているわけではない」というメッセージだ。

そこでダブルA社は、米ロックバンド「OK Go(オーケー・ゴー)」とコラボレート。博報堂傘下のクリエイティブエージェンシー「SIX」、真鍋大度氏(メディアアーティスト)、MIKIKO氏(演出振付家)らと共に、世界初の「ペーパー・マッピング・プロジェクト」を実施。映像制作はAOI Pro.が担当した。

博報堂によると、この作品ではオーケー・ゴーの楽曲「Obsession」と、ダブルA社の「obsession for smoothness(スムーズさへのこだわり)」とを掛け合わせている。演奏するメンバーたちの背後には、567台ものプリンターが積み上げられており、そこから出力される色とりどりの用紙が、息をのむような背景を作り出す。SIXのクリエイティブディレクター、斉藤迅氏はメイキング映像の中で「ダブルAの紙がスムーズだったため、このアイデアを思いついた」と話している。



実際にダブルAの用紙は、2年半におよぶ制作期間の間、一度も紙詰まりを起こさなかったのだとか。オーケー・ゴーはテスト撮影やリハーサル、本番の撮影のため何度も来日。次々と紙を出力するプリンターの前でゆっくりと動き、その様子を撮影し早回しすることで、リズミカルな動画へと仕上げている。

使用された紙は全てリサイクルされ、その収益は環境NGO「グリーンピース」へと寄付された。

Campaignの視点:
素晴らしいの一語に尽きる作品だ。シンプルなアイデアを、途方もない労力をかけて制作しながら、簡単そうに見せている。このデジタル全盛の時代に、実写映像の価値にもあらためて気付かせてくれる。製紙会社がこれほど楽しい作品を制作支援できたのだ。どんなメーカーの、一見すると面白みのなさそうな商品であっても、全力を傾け、才能ある人材が自由な発想で制作できるよう環境を整えれば、心をつかむ作品づくりは可能なのだということを、我々に教えてくれる。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2020年11月20日

世界マーケティング短信:デジタル音声広告の可能性

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年11月20日

「憧れ」を生むカスタマーエクスペリエンスのための7つのルール

ラグジュアリーブランドのオンラインマーケティングでは、ブランドへの憧れを維持することが困難な場合がある。AnalogFolkのアジア担当戦略ディレクターが、対応に成功しているプレミアムブランドの事例を考察する。

2020年11月20日

Apple、アプリ開発者にプライバシー情報の「成分表示」を義務付け開始

Appleは、ユーザーにプライバシーポリシーを熟読するよう期待するのではなく、プライバシー情報がユーザーにとってもっと理解しやすいものになることを望んでいる。

2020年11月18日

バイデン氏を勝利に導いた、5本の選挙広告

歴代の米国大統領選候補者の中で最も広告費を使ったのがジョー・バイデン氏だ。