John Harrington
2020年2月19日

新型ウイルス騒動 カンヌライオンズ は開催へ

先週、モバイルワールドコングレス(MWC)が開催中止を発表。懸念が広まるなか、カンヌライオンズ2020 は開催が決まった。

今年のカンヌライオンズは6月22〜26日にかけて開催される
今年のカンヌライオンズは6月22〜26日にかけて開催される

新型コロナウイルスの感染が世界に拡大する中、カンヌライオンズ 事務局は今年6月の同フェスティバルを「予定通り開催する」と発表した。

今月バルセロナで開かれる予定だった世界最大のモバイルデバイスのトレードショー、MWCは大手数十社が出展を見送り、中止に追い込まれていた。

新型コロナウイルスへの懸念から、世界的主要イベントの開催中止が相次いでいる。自動車レースのF1中国グランプリやロンドン金属取引所(LME、ロンドンメタルエクスチェンジ)のアジアウィーク、7人制ラグビーのシンガポールセブンズや香港セブンズなどが既に中止となった。

フェイスブックは先週14日、3月にサンフランシスコで行われる予定だったグローバルマーケティングサミットの中止を発表。英国ラップ界のスター、ストームジーもアジア公演を中止した。

カンヌライオンズ のスポークスパーソンは以下のように述べている。「フェスティバルは予定通り、6月22日から26日にかけてフランスのカンヌで開催される。我々は引き続き開催地であるカンヌや世界保健機関(WHO)、フランス当局のガイダンスに従い、新型コロナウイルスの感染拡大とイベントに与える影響を注視していく」。

(文:ジョン・ハリントン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
PR Week

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。