John Harrington
2020年2月19日

新型ウイルス騒動 カンヌライオンズ は開催へ

先週、モバイルワールドコングレス(MWC)が開催中止を発表。懸念が広まるなか、カンヌライオンズ2020 は開催が決まった。

今年のカンヌライオンズは6月22〜26日にかけて開催される
今年のカンヌライオンズは6月22〜26日にかけて開催される

新型コロナウイルスの感染が世界に拡大する中、カンヌライオンズ 事務局は今年6月の同フェスティバルを「予定通り開催する」と発表した。

今月バルセロナで開かれる予定だった世界最大のモバイルデバイスのトレードショー、MWCは大手数十社が出展を見送り、中止に追い込まれていた。

新型コロナウイルスへの懸念から、世界的主要イベントの開催中止が相次いでいる。自動車レースのF1中国グランプリやロンドン金属取引所(LME、ロンドンメタルエクスチェンジ)のアジアウィーク、7人制ラグビーのシンガポールセブンズや香港セブンズなどが既に中止となった。

フェイスブックは先週14日、3月にサンフランシスコで行われる予定だったグローバルマーケティングサミットの中止を発表。英国ラップ界のスター、ストームジーもアジア公演を中止した。

カンヌライオンズ のスポークスパーソンは以下のように述べている。「フェスティバルは予定通り、6月22日から26日にかけてフランスのカンヌで開催される。我々は引き続き開催地であるカンヌや世界保健機関(WHO)、フランス当局のガイダンスに従い、新型コロナウイルスの感染拡大とイベントに与える影響を注視していく」。

(文:ジョン・ハリントン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
PR Week

関連する記事

併せて読みたい

2020年9月18日

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年9月17日

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

2020年9月16日

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

2020年9月16日

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。