Tatsuya Mizuno Staff Reporters
2023年5月25日

パワーリスト2023: 足立光 (ファミリーマート)

パワーリスト2023: 足立光  (ファミリーマート)
パワーリスト2023
#AuthenticLeaders 

足立光

ファミリーマート
チーフマーケティングオフィサー
2021年より3年連続で選出

足立光氏がコンビニ大手ファミリーマートのチーフマーケティングオフィサー(CMO)に就任したのは、新型コロナウイルスが猛威を振るっていた2020年10月のことだ。だがこうした逆境を同氏はものともしなかった。

ベテランマーケターはCMO就任後、新商品「ファミから」や「ファミマ・ザ・クリームパン」などで次々と同社の売上記録を更新。これらのキャンペーンも功を奏し、他のコンビニチェーンを抑えて21カ月連続で総来客者数のトップを維持した(2021年4月〜2022年12月)。

足立氏の成功戦略の鍵は「遊び心」だ。日本でフライドチキンの売上げが普段の10倍になるクリスマスシーズンに向け、昨年は人気商品「ファミチキ」のユニークなキャンペーンを展開。ライバルとなるケンタッキーフライドチキンを意識し、「日本で2番目に人気のチキン」というキャッチフレーズを考案した。これが反響を呼び、売上高は大きく増大。

同氏はファミリーマートだけでなく、マーケティング業界全体にも貢献する。国内外のトップマーケターが一堂に会する日本有数のマーケティングカンファレンス「マーケティングアジェンダ」ではカウンシルメンバーを務め、スピーカーの手配に尽力。

また、LGBT+コミュニティーへのサポートも積極的だ。東京レインボープライドの期間中、ファミリーマートは数々の商品のパッケージにレインボーをあしらい、収益の一部を複数のLGBTQ支援団体に寄付。日本のコンビニチェーンでは唯一の取り組みだった。


後進の指導にも熱心で、これまで無償で一橋大学や早稲田大学などでマーケティング講座を開講。

ファミリーマート参画以前は数々の企業で要職を歴任した。2015年〜18年にかけては日本マクドナルドのCMOとして、株式上場以来最大の赤字を記録した同社のV字回復に大きく貢献。

2018年には「ポケモンGO」などを開発するナイアンテック・アジア・パシフィック社のプロダクトマーケティングシニアディレクターに就任したが、2年足らずで退社。その理由は、「コロナ禍の影響で予定していた大規模プロジェクトが実行できず、いただいている報酬に見合う働きができなくなったから」と述べている。

パワーリスト2023
#AuthenticLeaders 

(文:Campaign Asia-Pacific編集部 翻訳・編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:フォーブスに出稿したはずの広告がMFAに掲載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

エージェンシー・レポートカード2023:電通クリエイティブ

クリエイティブの面では多くの実績を残したが、マネジメントが低迷した電通。グループ統合の道のりは、依然続く。

2024年4月10日

マーケティング調達チームはKPIに不服  WFA調べ

組織で目標設定をする人々は、マーケティングに対する包括的な理解を欠いていることが多い。このことが社内で調達、マーケティング、および他部門との間の分裂を増幅させていると、WFAの調査で明らかになった。

2024年4月09日

AKQA東京オフィスのECDに荒井信洋氏が就任

国内外の広告賞を多数授賞してきたTBWA HAKUHODOの荒井信洋氏が、AKQAに移る。デザイン主導のイノベーションを創出してきたWPP傘下のエージェンシーと、日本の文化との化学反応を起こすことを目指す。